タケダにおけるカーボンニュートラルへの取り組み

タケダは、気候変動が感染性疾患など人々の健康に悪影響を及ぼすことを鑑み、環境への取り組みを強化しています。タケダは、以前設定した2020年の環境目標について、CO2排出量を2005年時点に比べて33.7%削減するなど、目標を上回る成果を上げています。

環境への取り組みをさらに進めるため、タケダは2040年にバリューチェーン全体でカーボンニュートラルを達成するという新たな目標を発表しました。この目標を、事業活動における温室効果ガス(GHG)の排出をゼロにし(スコープ1および2)、サプライヤーと協働して排出量を大幅に削減し(スコープ3)、スコープ3の残りの排出量を実証済みのカーボンオフセット**で相殺することで達成することを目指します。2019年度の温室効果ガスへの取り組みに始まり、タケダは、再生可能エネルギーの購入と実証済みカーボンオフセットによりカーボンニュートラル(スコープ1、2、3)を達成するとともに、当社事業とサプライヤーからのCO2排出量の削減に取り組みます。

当社のタケダイズムと、「患者さん中心」、「社会からの信頼構築」、「レピュテーションの向上」、「事業の発展」というバリューをふまえ、気候変動に対して、緊急の対策を取ってまいります。

 

  

タケダの取り組み

  • 2040年までに、事業活動に起因するすべての温室効果ガス(GHG)排出量(スコープ1および2)を削減することでカーボンニュートラルを達成し、サプライヤーに温室効果ガスの排出量削減への取り組みについて継続的に情報を伝え、自発的に動いてもらうことで、さらに残りのスコープ3の排出量を認証されているカーボンオフセットで相殺することでスコープ3の排出量を50%(2018年度時点から)削減します。
  • 2025年までに、大規模な電力購入契約など、再生可能エネルギーの購入や、積極的な社内のエネルギー管理プログラムなどを組み合わせることで、当社の事業活動からGHG排出量を40%(2016年度時点から)削減し、また、サプライヤーに温室効果ガスの排出量削減への取り組みについて情報を伝え、自発的に動いてもらうことで、スコープ3の排出量を15%(2018年度時点から)削減することに取り組みます。
  • 2020年に、再生可能エネルギーの使用や認証されているカーボンオフセットによる2019年度の温室効果ガスへの取り組みに始まり、タケダは当社のバリューチェーン全体でカーボンニュートラルを達成します。


環境に対する当社の取り組みについては、以下をご一読ください:2019年サステナブルバリューレポート


*社会や企業における生産活動において、やむをえず出てしまうCO2排出分を排出権の購入や植樹などによって相殺し、実質的にゼロの状態にすること。

**人間の経済活動や生活などを通して排出された二酸化炭素などの温室効果ガスについて、削減しようと努力をしてもどうしても削減できない分の全部または一部を、植林・森林保護・クリーンエネルギー事業(排出権購入)などで、埋め合わせすること。