Takeda logo

IR情報 | 武田薬品

当社は、私たちの価値観:タケダイズムのもと、患者さんに寄り添い(Patient)、人々と信頼関係を築き(Trust)、社会的評価を向上させる(Reputation)ことで、パフォーマンスの高い持続可能な事業を発展させたい(Business)と考えています。この揺るぎない価値観は、患者さん、株主の皆様、そして社会にとって長期的な価値を創造していくことを目的として、タケダのグローバルビジネスモデルに組み込まれています。

Financials symbol

2023年度上期業績を公表しました


当社は、2023年度上期の業績を公表しました。財務ベースおよびCoreベースの通期業績予想を修正し、通期マネジメントガイダンス(恒常為替レートベースの増減率)を維持します。


LoadingLoading feed metadata...

Annual integrated report

統合報告書


統合報告書では、タケダの財務情報、サステナビリティへの取り組み、社内外の主な活動について概説し、当社が短期的、中期的、長期的にどのような価値を生み出しているかを紹介しています。また、タケダの重点的な取り組みのなかから、ステークホルダーの皆様や、当社が事業を展開するコミュニティにとって重要と思われる分野についても情報を提供しています。
詳しく知る

イノベーション


タケダが誇る世界水準の研究開発部門では、社会に長期的な価値をもたらし、治療選択肢がほとんどまたはまったくない人々の暮らしを豊かにすることができる医薬品の開発に注力しています。タケダがいかに患者さんに固有の価値をお届けしようとしているかは開発パイプラインをご覧いただければ明らかです。

臨床フェーズ別&疾患領域別開発パイプライン
PDFを表示するArrow bottom
主な開発プログラムの想定タイムライン
PDFを表示するArrow bottom

タケダの研究開発の能力や重点疾患領域内での外部企業とのパートナーシップや事業開発を通じて、積極的にパイプラインを強化していきます。 研究開発活動の詳細は、こちらのページをご覧ください。

メールマガジン登録はこちら

最新の財務情報、事業戦略、社員インタビューなど、タケダの”今“が良くわかる情報をメールでお届けします。

登録する

注記

当サイトにおいて提供される資料ならびに情報は、いわゆる「見通し情報」を含みます。これらの文言は、現在における見込み、予測、リスクを伴う想定に基づくものであり、実質的にこれらの記述とは異なる結果を招き得る不確実性を含んでいます。 それらリスクや不確実性には、一般的な業界ならびに市場の状況、金利、通貨為替変動といった一般的な国内および国際的な経済状況が含まれます。リスクや不確実性は、特に製品に関連した見通し情報に存在します。製品のリスク、不確実性には、技術的進歩、特許の競合他社による獲得、臨床試験の完了、製品の安全性ならびに効果に関するクレームや懸念、規制当局からの承認取得、国内外の医療保険制度改革、医療費抑制への傾向、国内外の事業に影響を与える政府の法規制、新製品開発に付随する課題などが含まれますが、これらに限定されるものではありません。 また、承認済み製品に関しては、製造およびマーケティングのリスクがあり、需要を満たす製造能力を構築する能力を欠く状況、原材料の入手困難、市場の需要が得られない場合などが含まれますが、これらに限定されるものではありません。 今後、新しい情報・将来の出来事等があった場合であっても、当社は、「見通し情報」の更新・修正を行う義務を負うものではありません。 また、当サイトは投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定はご自身の判断において行われるようお願いいたします。