Life at Takeda



ボストンの研究所で がんの免疫療法の創薬研究に取り組む

がんに対して、手術、放射線、薬物に次ぐ第四の療法として注目されている免疫療法。ボストンの研究所では、多くの研究者がしのぎを削りながら免疫療法の創薬に取り組んでいます。

詳しく見る




患者さんの治療を大きく変えたい

臨床開発部門で、特定の医薬品開発を通していかに患者さんに貢献できるかを調査する役割を担っています。具体的には薬の承認を得るために臨床試験の計画を組んだり、承認を得た薬については、さらに多くの価値を患者さんへ提供できないか検討しています。

詳しく見る




会社の「レピュテーション」と「信頼」を背負う

タケダの内部監査担当はグループ全体のガバナンス、リスクマネジメントおよび内部統制プロセスの評価を実施し、報告や改善に関する助言を行います。これは業務のあり方を改善し、組織を健全に運営するためになくてはならない仕事です。

詳しく見る






株主や投資家に 等身大のタケダを伝える

IR(Investor Relations)は、株主と投資家に投資判断に必要な情報を提供し、会社の価値を適正にすることが仕事です。困難や不都合が生じたときにこそ、その真価が問われます。

詳しく見る






世の中に埋もれたアンメットニーズを探して

タケダには、メディカルサイエンスリエゾン(MSL)という仕事があります。日々患者さんに接するドクターにお話を伺い、いまのお薬では解決できていない症状や、よりよい治療へとつながる道を切り拓く職業です。

詳しく見る






2018年7月にグランドオープンした武田グローバル本社の記事がNewsweek日本版に掲載されました。

詳しく見る






年休取得で社会貢献!プログラムに2年連続で寄付を実施しました。

詳しく見る






2018年7月2日放送のフジテレビ系列「プライムニュースα」にて、グローバル本社をご紹介いただきました。

詳しく見る






働き方改革を推進する新たな取組みについて

NEWS RELEASE






LIFE CAFÉの一日

「薬食同源」―食べることは、生きること。従業員のココロとカラダの健康を応援する従業員用カフェテリア「LIFE CAFÉ」の一日。

詳しく見る






「武田グローバル本社」のグランドオープンについて

NEWS RELEASE






世代を超えた成果を見据えて

世界中の人々に薬を届けるため、国際機関を通じて適切な政策環境を整える仕事をしています。

詳しく見る

 






希望のバトンをつなぐリレー

私たちの仕事は「悩み」から生まれます。患者さんの悩みに応える薬をつくり出すことが私たちの仕事です。

詳しく見る






「武田グローバル本社」の竣工について

NEWS RELEASE






情熱は底流に

創薬化学者です。医薬品候補物質の設計・合成を行うチームを率いています。世界一のチームを目指しています。

詳しく見る

 






脈々と受け継がれるイノベーターのDNA

京都大学iPS 細胞研究所(CiRA)との共同研究プログラム「T-CiRA(ティー・サイラ)」。最先端プロジェクトに挑む研究者たちを静かに支えるもの

詳しく見る

 






いつも “家族が使うかもしれない ”と思って

原薬の製造を担当しています。有効成分という、薬の効き目にあたるものです。

詳しく見る

 






Design for Patients

抗がん剤である多発性骨髄腫治療薬のマーケティングを担当しています。

詳しく見る

 






ビルの概要に関するお知らせ

NEWS RELEASE