アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

クリストフ・ウェバー

クリストフ・ウェバーは2014年4月にチーフ オペレーティング オフィサー(COO)としてタケダに入社し、同年6月に代表取締役社長に就任、2015年4月より代表取締役社長兼CEOとなり現在に至ります。

 

タケダでは会社の根幹であるバリュー(価値観)およびコーポレート・ガバナンスを強化するとともに、研究開発体制の変革、グローバル化を進め、多様でインクルーシブな職場作りに取り組んでいます。これらの変革を通じ、タケダは世界におけるバイオ医薬品企業のリーディングカンパニーの1つとなりました。

 

タケダに入社する前は、グラクソ・スミスクライン社に20年間勤務し、欧州、アジア、米国で上級幹部のポジションを歴任。

 

社外においては、The Business Council、世界経済フォーラムの諮問機関であるInternational Business Council、シンガポール経済開発庁International Advisory Council、ニューヨーク証券取引所NYSE Board Advisory Council、マサチューセッツ工科大学MIT CEO Advisory Boardのメンバーであり、ノース・イースタン大学の評議員も務めています。

 

フランスのリヨン大学において、薬学・薬物動態学の博士号のほか、医薬品マーケティング、会計・ファイナンスの修士号、統計学の学士号を取得。

 

妻と東京で暮らし、2人の子どもがいます。