疾患領域 

タケダは研究開発において、オンコロジー(がん)、消化器系疾患、ニューロサイエンス(神経精神疾患)および希少疾患の4つの疾患領域に注力しています。さらに、血漿分画製剤およびワクチンの研究開発に関する投資を行います。

オンコロジー(がん)

世界中のがん患者さんによりよい未来をもたらす革新的な新薬をお届けするために、あくなき情熱をもって科学とイノベーションの探求に取り組んでいます。患者さんへの想いを原動力に、真にイノベーティブなオンコロジー(がん)の治療薬を創出し、開発し、届けていきます。

消化器系疾患(GI

タケダは25年以上にわたり、消化器系疾患(GI)領域において、革新的な医薬品や患者支援プログラムを提供し続け、患者さん貢献してきました。タケダは、GI領域のリーディングカンパニーとして、炎症性腸疾患、消化器系の酸関連疾患、消化管運動障害など、未だ満たされていない医療ニーズが高い疾患 への取り組みを進めています。

ニューロサイエンス(神経精神疾患)

ニューロサイエンス(神経精神疾患)はメンタルヘルスに影響を与える、複雑で多面的な疾患です。この領域において、治療法がない疾患や、稀な疾患の患者さんに新たな治療薬を提供することが、私たちの使命です。

希少疾患

希少疾患治療に対して、私たちは承認を受けた製品群の価値最大化、ならびに新たな革新的医薬品の製品化を目指して、たゆまぬ努力を続けていきます。主に旧シャイアー社が有していた専門性を活かし、血液疾患、免疫疾患およびライソゾーム病に特化しています。

詳しくはこちら(英語)をご覧ください。

血漿分画製剤

私たちは、引き続き、血漿分画製剤領域のリーディングカンパニーであることを追及していきます。有効性と安全性が確立されているタケダのベスト・イン・クラスのポートフォリオである血友病治療薬、阻害薬およびフォン・ヴィレブランド病治療薬を、患者さんにお届けしています。

詳しくはこちら(英語)をご覧ください。

ワクチン

ワクチンは、世界の公衆衛生を飛躍的に向上させてきました。タケダでは、世界トップレベルのワクチンチームが、革新的な開発プラットフォームを活用し、また、最先端を走るパートナーとのコラボレーションを通じ、未だ満たされていない医療ニーズに応える対感染症ワクチンの開発に取り組んでいます。


関連コンテンツ