重点領域 

タケダは研究開発において、オンコロジー(がん)、希少疾患、ニューロサイエンス(神経精神疾患)および消化器系疾患の4つの疾患領域に注力しています。さらに、血漿分画製剤およびワクチンの研究開発に関する投資を行います。

オンコロジー(がん)

世界中のがん患者さんによりよい未来をもたらす革新的な新薬をお届けするために、あくなき情熱をもって科学とイノベーションの探求に取り組んでいます。患者さんへの想いを原動力に、真にイノベーティブなオンコロジー(がん)の治療薬を創出し、開発し、届けていきます。

詳しくはこちら(英語)をご覧ください。

希少疾患

タケダは、免疫学、血液学、代謝異常の希少疾患や、ライソゾーム病において革新的な治療の確立を目指しています。

詳しく見る

ニューロサイエンス(神経精神疾患)

ニューロサイエンス(神経精神疾患)領域におけるタケダの使命は、いまだ有効な治療方法がない神経疾患、および精神疾患に苦しむ患者さんに革新的な医薬品を提供することです。 そのために分子的および遺伝的に確立されたターゲット、およびバイオマーカーや指向された標的治療法における成果を最大限に活用しています。

詳しく見る

消化器系疾患(GI

消化器系疾患(GI)は著しく患者さんのQOLを低下させる疾患で、患者さんの人生を一変させてしまうこともあります。タケダは外部のパートナーと共に、 25年以上にわたり革新的な医薬品と患者さんへの疾患支援プログラムを通して、患者さんに貢献することに努めてきました。

詳しく見る

血漿分画製剤

血漿分画製剤は非常に重要な医薬品で、世界中で希少疾患や慢性疾患に苦しむ何千もの患者さんの生命を日々、助けています。ここ15年間にわたり、血漿分画製剤、特に免疫グロブリン製剤に対する需要は世界中で劇的に増加し、血漿分画製剤を必要とする患者さんが増えています。

詳しく見る

ワクチン

ワクチンは、世界の公衆衛生を飛躍的に向上させてきました。タケダでは、世界トップレベルのワクチンチームが、革新的な開発プラットフォームを活用し、また、最先端を走るパートナーとのコラボレーションを通じ、未だ満たされていない医療ニーズに応える対感染症ワクチンの開発に取り組んでいます。

詳しくはこちら(英語)をご覧ください。


関連コンテンツ