アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

多系統萎縮症(たけいとういしゅくしょう)に対する第2相試験

情報作成日:2022年12月12日

TAK-341-2001-Pictgram-2022-12-12.png

この臨床試験の対象となりえる方(主な項目*)

・多系統萎縮症(MSA)と診断された方

・MSAの症状が最初にみられたのが治験参加前4年以内と治験担当医師に評価された方

・MSAの尺度(UMSARS)の評価により一定の条件を満たす方

*こちらに記載された項目以外にも多くの基準があります。


この臨床試験の対象とならない方(主な項目*)

・治験実施中に治験担当医師により問題となる診断または症状が認められ、本人の安全性が損なわれる可能性のある方

*こちらに記載された項目以外にも多くの基準があります。


この臨床試験の実施医療機関

医療機関の名称

住所

参加者募集状況

北海道大学病院

札幌市北区

募集前

東京大学医学部附属病院

東京都文京区

募集前

京都大学医学部附属病院

京都市左京区

募集前

東京医科歯科大学病院

東京都文京区

募集前


臨床試験の概要

この臨床試験は、多系統萎縮症(たけいとういしゅくしょう)の患者さんを対象に行われます。

この臨床試験では、治験薬またはプラセボの注射剤を4週間に1回、静脈内投与いただきます。

臨床試験に参加中は実施されている医療機関に複数回来院いただくことになります。


臨床試験の詳細情報

この臨床試験の情報は以下のウェブサイト(外部サイト)でもご覧いただけます。以下のIDや番号で検索するとこの臨床試験の詳細情報を確認できます。

jRCT(日本語)
jRCT番号 : jRCTXXXXXXXXXX

ClinicalTrials.gov(英語)
ClinicalTrials.gov番号 : NCT05526391


臨床試験の結果

この臨床試験の結果は、臨床試験が終了した後にタケダのポリシーに基づき、以下のサイトで掲載します。

臨床試験情報専用サイト TakedaClinicalTrials.com


お問い合わせ先

この臨床試験情報に関するお問い合わせはこちらのフォームまでお願いします。
*臨床試験への参加のご要望や病気のご相談などは薬事関係法令上、受け付けていませんので主治医の先生にご相談ください。