卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がんに対するNiraparibの第2相試験

情報作成日:2019年9月26日


この臨床試験の対象となりえる方(主な項目)

・卵巣がん、卵管がんまたは原発性腹膜がんと診断された方

・高悪性度の漿液性(しょうえきせい)若しくは高悪性度の漿液性組織型が優位を占める、または、gBRCA変異を有する方
(gBRCA変異:がんを抑制するタンパク質を生成する遺伝子の変異)

・プラチナ製剤を含む化学療法を2ライン以上完了した方


この臨床試験の対象とならない方(主な項目)

・直近の化学療法の最終2サイクル開始時以降に腹水ドレナージを受けた方

・治験薬の最初の服用前1週間以内に、骨髄の20%を超える範囲に緩和的放射線療法を受けた方

・以前の化学療法による持続する副作用で一定以上の症状が認められた方

・症候性でコントロール不良の脳転移または軟膜髄膜転移を有する方


*こちらに記載された項目以外にも多くの基準があります。


この臨床試験の実施医療機関

*医療機関の情報については掲載について了承いただいた施設から掲載していきます。

医療機関の名称

住所

参加者募集状況

国立がん研究センター 中央病院

東京都中央区

募集終了

その他掲載可能な施設はありません。

 

 

この臨床試験の参加の募集は

終了しました。

 

 


臨床試験の概要

この臨床試験は、Niraparibを治験薬として、卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がんの患者さんを対象に行われます。

この臨床試験では、治験薬Niraparib 300 mgのカプセルを1サイクル28日として1日目から28日目まで1日1回服用いただきます。

臨床試験に参加中は実施されている医療機関に複数回来院いただくことになります。


臨床試験の詳細情報

この臨床試験の情報は以下のウェブサイト(外部サイト)でもご覧いただけます。試験IDや番号で検索するとこの臨床試験の詳細情報を確認できます。

試験ID : Niraparib-2001

JapicCTI(日本語)
JapicCTI番号 : JapicCTI-184225

ClinicalTrials.gov(英語)
ClinicalTrials.gov番号 : NCT03759587


臨床試験の結果

この臨床試験の結果は、臨床試験が終了した後にタケダのポリシーに基づき、以下のサイトで掲載します。

臨床試験情報専用サイト TakedaClinicalTrials.com


お問い合わせ先

この臨床試験情報に関するお問い合わせはこちらのフォームまでお願いします。
*臨床試験への参加のご要望や病気のご相談などは薬事関係法令上、受け付けていませんので主治医の先生にご相談ください。