アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

潰瘍性大腸炎に対する第3相試験

情報作成日:2021年5月31日

この臨床試験の対象となりえる方(主な項目*)

  • 中等症から重症の活動期潰瘍性大腸炎で、最新の標準治療が無効または不耐の患者さん
  • スクリーニング時及び本治験登録時の体重が10 kg以上の方
  • 少なくともスクリーニングの1ヵ月以上前に中等症から重症の活動期潰瘍性大腸炎と診断された患者さん

*こちらに記載された項目以外にも多くの基準があります。


この臨床試験の対象とならない方(主な項目*)

  • 抗インテグリン抗体、粘膜アドレシン細胞接着分子-1(MAdCAM-1)抗体などの投与を受けたことがある方


*こちらに記載された項目以外にも多くの基準があります。


この臨床試験の実施医療機関

医療機関の名称

住所

参加者募集状況

熊本赤十字病院

熊本県熊本市

募集前

 

 

 


臨床試験の概要

この臨床試験は、中等症から重症の潰瘍性大腸炎の小児患者さんを対象に行われます。

この臨床試験では、治験薬を静脈内に注射いただきます。この臨床試験は導入期と維持期に分かれており、導入期では参加者の体重別に治験薬 150~300 mgが、維持期では治験薬 100~300 mgが投与されます。

臨床試験に参加中は実施されている医療機関に複数回来院いただくことになります。


臨床試験の詳細情報

この臨床試験の情報は以下のウェブサイト(外部サイト)でもご覧いただけます。以下のIDや番号で検索するとこの臨床試験の詳細情報を確認できます。

jRCT(日本語)
jRCT番号 : jRCTXXXXXXXXXX

ClinicalTrials.gov(英語)
ClinicalTrials.gov番号 : NCT04779307


臨床試験の結果

この臨床試験の結果は、臨床試験が終了した後にタケダのポリシーに基づき、以下のサイトで掲載します。

臨床試験情報専用サイト TakedaClinicalTrials.com


お問い合わせ先

この臨床試験情報に関するお問い合わせはこちらのフォームまでお願いします。
*臨床試験への参加のご要望や病気のご相談などは薬事関係法令上、受け付けていませんので主治医の先生にご相談ください。