非小細胞肺がんに対するBrigatinibの第2相試験

情報作成日:2019年9月26日


この臨床試験の対象となりえる方(主な項目)

・進行性未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)融合性遺伝子陽性非小細胞肺がんの方

・(既治療患者さんが参加される場合)アレクチニブ、クリゾチニブ、セリチニブまたはロルラチニブのいずれかの投与中または投与中止後に、非小細胞肺がんの増悪が認められた方

・(未治療患者さんが参加される場合)現在日本で承認されている検査にてALK融合遺伝子陽性が確認されている方


この臨床試験の対象とならない方(主な項目)

・(既治療患者さんが参加される場合)アレクチニブ、クリゾチニブ、セリチニブまたはロルラチニブ以外のALK阻害薬を使用したことのある方

・(未治療患者さんが参加される場合)ALK阻害薬を含むその他のチロシンキナーゼ阻害薬を使用したことのある方

・(既治療患者さんが参加される場合)3種類以上のALK阻害薬を使用したことのある方

・2種類以上(安全性評価パートでは4種類以上)の全身抗悪性腫瘍療法(アレクチニブ、クリゾチニブ、セリチニブまたはロルラチニブ以外)を受けたことのある方


*こちらに記載された項目以外にも多くの基準があります。


この臨床試験の実施医療機関

*医療機関の情報については掲載について了承いただいた施設から掲載していきます。

医療機関の名称

住所

参加者募集状況

岡山大学病院

岡山県岡山市

募集中

国立がん研究センター 東病院

千葉県柏市

募集中

国立がん研究センター 中央病院

東京都中央区

募集終了

その他掲載可能な施設は

ありません。

 

 


臨床試験の概要

この臨床試験は、Brigatinibを治験薬として、非小細胞肺がんの患者さんを対象に行われます。

この臨床試験では、治験薬Brigatinibの錠剤を1日1回服用いただきます。28日を1サイクルとし最初の7日間はBrigatinib 90 mg、その後Brigatinib 180 mgに増量します。

臨床試験に参加中は実施されている医療機関に複数回来院いただくことになります。


臨床試験の詳細情報

この臨床試験の情報は以下のウェブサイト(外部サイト)でもご覧いただけます。試験IDや番号で検索するとこの臨床試験の詳細情報を確認できます。

試験ID : Brigatinib-2001

JapicCTI(日本語)
JapicCTI番号 : JapicCTI-183823

ClinicalTrials.gov(英語)
ClinicalTrials.gov番号 : NCT03410108


臨床試験の結果

この臨床試験の結果は、臨床試験が終了した後にタケダのポリシーに基づき、以下のサイトで掲載します。

臨床試験情報専用サイト TakedaClinicalTrials.com


お問い合わせ先

この臨床試験情報に関するお問い合わせはこちらのフォームまでお願いします。
*臨床試験への参加のご要望や病気のご相談などは薬事関係法令上、受け付けていませんので主治医の先生にご相談ください。