研究開発活動

タケダは常に世の中の医療ニーズに基づき、研究開発戦略を決定しています。特に「オンコロジー(がん)」、「消化器系疾患(GI)」、「ニューロサイエンス(神経精神疾患)」、「ワクチン」を重点領域と位置づけ、画期的な新薬の創出に挑戦しています。

社内外での研究活動等で社会と交流を深めながら、自ら考え行動し、業界で最良の研究開発組織となることがタケダの目標です。患者さんに最良の結果をもたらす治療薬を届けるために、最先端の科学技術を駆使しながら目標の実現に向けて懸命に取り組みます。


タケダのパイプライン

「パイプライン」とは、研究開始から承認・発売にいたるまでの開発品を意味します。タケダでは患者さんに新たな治療法を届けられる明るい未来を想像し、日々研究活動を続けています。重点疾患領域における豊かな知見を生かしながら、今後もパイプラインを強化していきます。
詳しく見る


臨床試験情報

タケダは、透明性と誠実さをもって臨床試験を実施しています。武田薬品が実施する臨床試験の最新のプロトコールサマリー、レポートサマリー、研究の発表などの臨床試験情報を、結果の如何に関わらず、全ての関連する法令や規制及び製薬業界のガイドラインに従って掲載します。
詳しく見る

国内で実施した臨床試験の情報はこちらから確認いただけます。


研究者主導研究申請プログラム

タケダでは、創薬及び育薬につながる医科学研究や疾患啓発をサポートする取り組みを行っています。その一環として、医薬品に関連し、重点領域に合致する革新的な研究者主導研究に対する支援を実施しております。対象となる研究や、重点領域の詳細、プロセスについてなど、プログラムの概要をご紹介します。
詳しく見る