Our Challenge


常に患者さんを中心に考える、グローバルな研究開発型バイオ医薬品のリーディングカンパニーの一員として挑戦し続ける想いを語ります。

組織内における権限委譲が進んでおり、従業員なら誰でも挑戦できる機会がある。大きな組織でありながらベンチャー企業のような風土を醸成することで、従業員のモチベーションアップや成長を促すことに繋がっている。

20代 男性

医療の課題を、医師をはじめとする医療関係者と共に解決すること。医療関係者を通じて、患者さんの健康に貢献できること。

30代 男性

豊富なパイプラインのおかげで、患者さんや医療関係者に発売を待ち望まれていた画期的な新薬の情報を提供する機会があること。

30代 男性

MRの役割は、自社製品に関する情報を一方的に伝えることではない。数ある情報の中で、医療関係者ごとに伝えるべきものを見極め、的確なタイミングで伝える必要がある。そのための情報整理や、情報収集の準備が非常に重要となる。

30代 男性

世の中の変化のスピードについていけること。これからますます加速する変化の流れを読み、むしろ先回りして、MRとしてのあるべき姿を追求していくことである。

30代 女性 マネジメント

医療関係者の多忙さが極まり、以前に比べて面会の時間を取ってもらうことが難しくなった。また、インターネットなど情報入手のチャネルが増えたこともあり、自身の情報活動に付加価値をつけることが重要となるだろう。

20代 女性

世の中の流れと共に、MRの姿も少しずつ変化していく必要がある。そういう中で、タケダのMRが、常に製薬業界をリードしていく存在でありたい。

30代 男性 キャリア入社

「自分が育った地域でMRとして働きたい」という希望が叶い、生まれ育ったエリアの大学病院を担当している。地域の人々がより健康で長寿となれるよう、タケダMRとして培った経験と知識を活かして貢献していきたいと考えている。

30代 男性

従業員一人ひとりの思考や行動を尊重し、希望やアイデアを積極的に発信できる文化と仕組みがある。この従業員の挑戦を促す環境こそ、強い組織力の源である。

40代 男性 キャリア入社

様々な業界で、それぞれに専門知識の習得が必要となるように、MRとして働くからには医療の専門知識を身に付ける必要がある。そこで家族など、自分の大切な人々の健康について考えることができるようになることが、魅力の一つだと感じている。

20代 男性

文系学部の出身ながら、入社後の経験とそこから得た多くの学びにより、医療への貢献を実感できるまで成長できたこと。

20代 男性