アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

障害・病気とともに働く


タケダでは障害を持っている従業員や重い病気から復帰したことのある従業員、または、家族の介護を行っている従業員も、仕事との両立を可能にし、自身や家族の障害や病気にとらわれることなく勤務が継続できるよう配慮しています。
職場での理解を深めフレキシブルな働き方を選択できるよう、様々な取り組みを推進しています。
がんなどの重い病気から復帰された従業員が、名前などを公表せずに従業員ネットワーク内のみで悩みの共有や相談ができるような体制を整えているほか、患者団体と共同して啓発活動も行っています。


その他の取り組みもご覧ください