アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

年齢にとらわれない働き方


タケダでは年齢に左右されず、個人のパフォーマンスに応じて働くことができる職場づくりをしています。
若手の活躍に関しては、様々な可能性を考慮し、枠にとらわれることなく働ける機会を提供しています。自身が所属する部門以外の業務に携わることができる社内兼業や、グローバルのアサインメントもその一環です。
また、係長相当職に昇進する前に、早期に自分らしいリーダーシップ・スキルを身に付けるための研修を行い、一人ひとりの自律を促した若手のリーダーの育成にも力を入れています。

また、役職定年制を設けず、多様化した定年後のライフスタイルに合わせて、60歳から65歳の間、従業員自らが1年刻みで退職時期を選択できる、選択定年制を導入しています。


その他の取り組みもご覧ください