アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

非小細胞肺癌患者さんのALK陽性を確認するための「アルンブリグ®(一般名:ブリグチニブ)」の新たなコンパニオン診断薬について

2022年1月6日

当社は、このたび、チロシンキナーゼ阻害剤「アルンブリグ®」(一般名:ブリグチニブ、以下 「アルンブリグ」)について、非小細胞肺癌(Non-Small Cell Lung Cancer、以下「NSCLC」)患者さんの一次治療に新たなコンパニオン診断薬「AmoyDx® 肺癌マルチ遺伝子 PCR パネル」(以下、「AmoyDx®肺癌マルチ」)が使用できることとなりましたのでお知らせします。

AmoyDx®肺癌マルチは国内で株式会社理研ジェネシス(以下「理研ジェネシス社」)が製造販売する5種のドライバー遺伝子(EGFR、ALK、ROS1、BRAF、MET)を網羅するリアルタイムPCR法(以下「PCR法」)を原理とした体外診断用医薬品です。

これまでNSCLC患者さんの一次および二次治療以降でアルンブリグを使用するには、蛍光in situハイブリダイゼーション法(FISH法)や免疫組織化学染色法(IHC法)など、単一遺伝子コンパニオン診断薬によってALK陽性判定の確認が行われていました。今回、複数遺伝子を同時に検査できるAmoyDx®肺癌マルチが使用可能になったことで、医療機関は患者さんに合わせたコンパニオン診断薬の選択が可能になり、より適切なタイミングでアルンブリグの適応対象の確認と使用に繋がることが期待されます。

アルンブリグは、ALK遺伝子変異を標的とするようにデザインされた次世代チロシンキナーゼ阻害剤です。ALK陽性の切除不能な進行・再発のNSCLCを適応とする一次および二次以降の治療薬として、厚生労働省より製造販売承認を2021年1月22日に取得しています。

次世代ALK阻害剤としてアルンブリグは充実した臨床エビデンスを有しており、脳転移症例を含むALK陽性 NSCLC患者さんの一次および二次以降の治療薬として有効性が示されており、米国、欧州連合(EU)を含む70以上の国または地域で承認されています。当社は、新たな治療選択肢を待ち望まれている肺がん患者さんの治療に貢献するために、引き続き医療関係者のみなさまへの情報提供に取り組んでまいります。
 

<武田薬品について>

武田薬品工業株式会社(TSE:4502/NYSE:TAK)は、日本に本社を置き、自らの企業理念に基づき患者さんを中心に考えるというバリュー(価値観)を根幹とする、グローバルな研究開発型のバイオ医薬品のリーディングカンパニーです。武田薬品は、「すべての患者さんのために、ともに働く仲間のために、いのちを育む地球のために」という約束を胸に、革新的な医薬品を創出し続ける未来を目指します。研究開発においては、オンコロジー(がん)、希少遺伝子疾患および血液疾患、ニューロサイエンス(神経精神疾患)、消化器系疾患の4つの疾患領域に重点的に取り組むとともに、血漿分画製剤とワクチンにも注力しています。武田薬品は、研究開発能力の強化ならびにパートナーシップを推し進め、強固かつ多様なモダリティ(創薬手法)のパイプラインを構築することにより、革新的な医薬品を開発し、人々の人生を豊かにする新たな治療選択肢をお届けします。武田薬品は、約80の国と地域で、医療関係者の皆さんとともに、患者さんの生活の質の向上に貢献できるよう活動しています。
詳細については、https://www.takeda.com/jp/をご覧ください。

<注意事項>

本ニュースリリースに記載されている医薬品情報は、当社の経営情報の開示を目的とするものであり、開発中のものを含むいかなる医薬品の宣伝、広告を目的とするものではありません。

以上