アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

2022年4月1日付 人事異動について

2022年3月3日

・人事異動(4月1日付)

【新】

【旧】

【氏 名】

[ジャパン ファーマ ビジネス ユニット(JPBU)]

<消化器疾患事業部>

 

 

消化器疾患事業部長

人事部付 出向

谷垣 任優

<神経精神疾患事業部>

 

 

神経精神疾患事業部長

営業本部 九州沖縄支店長

宮柱 明日香

<希少疾患事業部>

 

 

希少疾患事業部長

レアディジーズビジネスユニット

ヘッド

濱村 美砂子

<ワクチン事業部>

 

 

ワクチン事業部長

グローバルワクチンビジネスユニット 日本ワクチン事業部長

今川 昌之

<コマーシャルエクセレンス部>

 

 

コマーシャルエクセレンス部長

営業本部 営業戦略部長

宮田 裕子

<事業戦略部>

 

 

事業戦略部長

事業企画部・プレジデントオフィス部長

平井 浩行

<データ・デジタル&テクノロジー部>

 

 

データ・デジタル&テクノロジー部長

グローバルインフォメーション

テクノロジーコマーシャルIT

IT&デジタル ジャパン ヘッド

松野 玲子

<医療政策・ペイシェントアクセス統括部>

 

 

医療政策・ペイシェントアクセス統括部長

医療政策・マーケットアクセス統括部長

岩下 圭二

 

以上

 

<武田薬品について>

武田薬品工業株式会社(TSE: 4502/NYSE: TAK)は、日本に本社を置き、自らの企業理念に基づき患者さんを中心に考えるというバリュー(価値観)を根幹とする、グローバルな研究開発型のバイオ医薬品のリーディングカンパニーです。武田薬品は、「すべての患者さんのために、ともに働く仲間のために、いのちを育む地球のために」という約束を胸に、革新的な医薬品を創出し続ける未来を目指します。研究開発においては、オンコロジー(がん)、希少遺伝子疾患および血液疾患、ニューロサイエンス(神経精神疾患)、消化器系疾患の4つの疾患領域に重点的に取り組むとともに、血漿分画製剤とワクチンにも注力しています。武田薬品は、研究開発能力の強化ならびにパートナーシップを推し進め、強固かつ多様なモダリティ(創薬手法)のパイプラインを構築することにより、革新的な医薬品を開発し、人々の人生を豊かにする新たな治療選択肢をお届けします。武田薬品は、約80の国と地域で、医療関係者の皆さんとともに、患者さんの生活の質の向上に貢献できるように活動しています。詳細についてはhttps://www.takeda.com/jp/をご覧ください。