アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

世界血友病デーに向けた当社の取り組みについて

2021年4月8日

- 毎年4月17日は「世界血友病デー」
- 「福徳の森広場でのライトアップイベント」、「Web公開セミナー」、「モザイクアート」、「献血」を通じて血友病を啓発し、患者さんにエール

このたび、当社は、世界血友病デーに向けて4件の取り組みを実施しますのでお知らせします。

毎年4月17日は国際的な患者団体の「世界血友病連盟」(World Federation of Hemophilia:WFH)が制定した、血友病およびその他の血液の病気についての啓発を行い、治療向上への取り組みを強化することを目指した世界血友病デーです。2021年の世界血友病デーのテーマは「Adapting to Change, sustaining care in a new world」です。

血友病は男性約1万人に1人の発症頻度であり、疾患の認知度は低くないものの、いまだに誤解や偏見がある状況です。当社は、血友病領域におけるリーディングカンパニーとして世界血友病デーの趣旨に賛同し、患者さんやご家族を勇気づけ、血友病について適切に啓発する責任を果たすべく、グローバルおよび日本において、さまざまな活動を毎年展開しています。

2021年の世界血友病デーに向けて、当社は以下の取り組みを実施します。

1.当社グローバル本社に隣接する福徳の森広場でのライトアップイベント

4月15日(木)・16日(金)・17日(土)3日間、当社グローバル本社に隣接する福徳の森広場で、血友病の啓発イベントを実施します。各日18:00~21:00まで、血友病デーのテーマカラーである赤色にライトアップを行います。

【ライトアップイメージ図】

2.Web公開セミナー

4月17日(土)20:00-21:00、「血友病の治療目標はより高く:アクティブライフを目指して!」をテーマにWeb公開セミナーを実施します。本セミナーでは世界的に提唱されている治療ガイドラインなどを参考にしながら、治療目標として患者さんのよりアクティブなライフスタイルを目指すことに焦点をあて講演・パネルディスカッションを行います。
詳しくは、ヘモフィリアステーション Web公開セミナーを参照ください。


3.モザイクアート

血友病デーのテーマカラーである「赤色」のものを身に着ける、もしくは「赤色」のものと一緒に撮影した写真を従業員から募集し、2021年の世界血友病デーのテーマ「Adapting to Change, sustaining care in a new world」のモザイクアートを作成しています。ヘモフィリアステーション内の世界血友病デー特設サイトに作成過程を公開しており、4月16日に完成予定です。


【完成イメージ図】

4.献血

血友病を含む希少血液疾患において血液製剤は必要不可欠です。血液製剤の製造に深く関与する献血活動は当社従業員が貢献できる活動の一つであると考えています。
当社は、従業員に対して全国の献血会場での献血への協力を呼びかけるとともに、当社グローバル本社においても4月16日に日本赤十字社の協力の下、献血を行います。全国の献血会場および当社グローバル本社での従業員からの献血量は日本赤十字社で集計され、総献血量を目録として日本赤十字社に贈呈します。

*世界血友病連盟; 血友病について知ろう, 2004, p.3

以上