アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

Moderna社の新型コロナウイルス感染症ワクチン候補であるTAK-919の国内での臨床試験の開始について

2021年1月21日

- TAK-919の国内臨床試験において最初の被験者への治験薬の投与を実施

当社は、このたび、Moderna社の新型コロナウイルス感染症ワクチン候補であるTAK-919について、国内での臨床第1/2相試験を開始しましたので、お知らせします。本試験は、成人被験者200例を対象に、TAK-919の安全性および免疫原性を評価するプラセボ対照試験であり、本日最初の被験者に治験薬の投与が行われました。

本試験の詳細は、ClinicalTrials.govおよび当社ウェブサイトをご覧ください。

当社は、2020年10月29日に公表しました通り、Moderna社の新型コロナウイルス感染症ワクチン候補であるmRNA-1273(日本での開発コード:TAK-919)を、2021年前半より、5,000万回の接種分を輸入し、日本において供給する予定です。この日本における供給は、日本国内でのmRNA-1273の製造販売承認取得後に行われます。

以上

英語版はこちら