アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

京都薬用植物園と京都市の「生物多様性保全に関する協定」の締結について

2021年12月23日

- 京都市の生物多様性保全に関する協定の第1号
- 生物多様性保全のための取組みで協力し、自然共生社会の実現に寄与
- 薬用植物および絶滅危惧種の収集・展示・保全等で培った知見を活かし、地域社会に貢献

当社は本日、当社の京都薬用植物園と京都市との間で「生物多様性保全に関する協定」を締結しましたのでお知らせします。当協定に基づき、当社と京都市は、京都市における生物多様性保全の推進に関して相互の連携を強化し、さまざまな取組みを促進していきます。

連携する分野には、生物多様性の持続可能な利用、生物多様性の保全・回復、生物多様性に配慮したライフスタイルの転換、及び生物多様性の社会変革に向けた仕組みの構築が含まれます。

京都薬用植物園の園長を務める西尾基之(にしお・もとゆき)は、「これまで、当園の方針として薬用植物および絶滅危惧種の収集・展示・保全等で技術を培い、継承してきました。京都市との生物多様性保全に関する協定の締結を機に、当社が有する技術や経験を活かして、園内だけでなく地域を中心とした社会への貢献を目指します​」と述べています。

<京都薬用植物園について>

京都市左京区に位置する武田薬品工業京都薬用植物園は、94,000平方メートルの敷地の中に約3,200種の植物を保有しています。このうち約2,000種が​薬用植物で、約240種が環境省版レッドリストにランクされている絶滅危惧種です。当園の目的は、①医療関係者、学生、児童への研修、教育支援活動、②薬用植物の栽培研究と技術の継承、③絶滅危惧種など重要な薬用植物の収集・保全の3つとなっており、2000年頃から生物多様性保全に関する取組み​を強化しました。日本植物園協会が2006年に開始した植物多様性保全拠点園ネットワーク事業に参画し、「薬用植物の保全拠点園」​として、保全、収集・保存、普及・啓発に努めています。また、希少な薬用植物の保護・保全の観点から一般公開はしておらず、見学は完全予約制にて受け入れています。詳細については、https://www.takeda.co.jp/kyoto/をご覧ください。 

京都薬用植物園(研修棟周辺)

中央標本園

展示棟および香辛料園

京都薬用植物園の沿革と実績についてはこちら

<武田薬品について> 

武田薬品工業株式会社(TSE:4502/NYSE:TAK)は、日本に本社を置き、自らの企業理念に基づき患者さんを中心に考えるというバリュー(価値観)を根幹とする、グローバルな研究開発型のバイオ医薬品のリーディングカンパニーです。武田薬品は、「すべての患者さんのために、ともに働く仲間のために、いのちを育む地球のために」という約束を胸に、革新的な医薬品を創出し続ける未来を目指します。研究開発においては、オンコロジー(がん)、希少遺伝子疾患および血液疾患、ニューロサイエンス(神経精神疾患)、消化器系疾患の4つの疾患領域に重点的に取り組むとともに、血漿分画製剤とワクチンにも注力しています。武田薬品は、研究開発能力の強化ならびにパートナーシップを推し進め、  強固かつ多様なモダリティ(創薬手法)のパイプラインを構築することにより、革新的な医薬品を開発し、人々の人生を豊かにする新たな治療選択肢をお届けします。武田薬品は、約80の国と地域で、医療関係者の皆さんとともに、患者さんの生活の質の向上に貢献できるよう活動しています。
詳細については、https://www.takeda.com/jp/をご覧ください。 

以上