アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

オプジーボ®とカボメティクス®の併用療法が、進行腎細胞がん患者を対象としたピボタルな第Ⅲ相CheckMate -9ER試験において有意な生存ベネフィットを示す

2020年9月23日

リリース和文抄訳はこちら

本資料は、ブリストル マイヤーズ スクイブとExelixis社が 2020 年 9 月 19日に発表した英語版プレスリリースを和文抄訳として提供するものです。和文抄訳の内容につきましては、英語原文が優先されます。英語原文のプレスリリースは、以下のリンクをご参照ください。

https://www.bms.com/media/press-releases.html(ブリストル マイヤーズ スクイブ)

https://ir.exelixis.com/press-releases (Exelixis社)

プレスリリース本文、第一段落からの抜粋
(ニュージャージー州プリンストンおよびカリフォルニア州アラメダ、2020年9月19日)-ブリストル マイヤーズ スクイブ(NYSE:BMY/本社:米国ニューヨーク/CEO:ジョバンニ・カフォリオ)とExelixis社(NASDAQ:EXEL)は、本日、ピボタルな第Ⅲ相CheckMate -9ER試験の結果が初めて公表されたことを発表しました。本試験において、未治療の進行腎細胞がん(RCC)を対象に、オプジーボ®(一般名:ニボルマブ)とカボメティクス®(一般名:カボザンチニブ)の併用療法が、全生存期間(OS)を含む全ての有効性評価項目で有意な改善を示しました。オプジーボとカボメティクスの併用療法は、スニチニブと比較して、死亡リスクを40%低減しました(ハザード比 [HR] 0.60;98.89% 信頼区間 [CI]:0.40 - 0.89;p=0.0010;OSの中央値は両群とも未達)。本試験の主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)の中央値は、スニチニブ単剤群(8.3カ月)と比較して、オプジーボとカボメティクスの併用療法群(16.6カ月)で2倍の延長を示しました(HR 0.51;95% CI:0.41 - 0.64;p<0.0001)。

 

CheckMate -9ER試験について>
CheckMate -9ER試験は、未治療の進行または転移性腎細胞がん(RCC)患者を対象に評価した多国籍共同無作為化非盲検第Ⅲ相臨床試験です。患者651例(低リスク:23%、中リスク:58%、高リスク:20%;PD-L1発現レベル1%以上:25%)は、オプジーボとカボメティクスの併用療法群(323例)またはスニチニブ群(328例)に無作為に割り付けられました。本試験の主要評価項目は無増悪生存期間(PFS)です。副次評価項目は、全生存期間(OS)および奏効率(ORR)です。主要な有効性解析は、無作為化された全患者における2剤併用療法とスニチニブとの比較です。本試験は、ブリストル マイヤーズ スクイブおよび小野薬品工業株式会社がスポンサーとなり、Exelixis社、Ipsen社および武田薬品工業株式会社が共同出資を行っています。

以上

<注意事項>
本情報は、小野薬品および武田薬品に関連する最新情報をステークホルダーの皆様にお知らせするものであり、医薬品のプロモーションや宣伝・広告を目的とするものではありません。