アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

フューチャー・キャリア・プログラムの実施について

2020年8月17日

当社は、国内ビジネス部門が運営する事業について、当社の主要な5つのビジネスエリア(消化器系疾患、希少疾患、血漿分画製剤、オンコロジー、ニューロサイエンス)に、さらに注力するための施策を策定し、ターゲットを絞った革新性の高い医薬品を中心とする医療用医薬品ビジネスへの変革を進めています。この一環として、変革を支えるための組織力の向上を目的とした人事制度への移行に着手しており、この度、施策の一つである従業員の早期の退職と転進を支援する「フューチャー・キャリア・プログラム」を導入することを決定しましたので、下記の通りお知らせいたします。

国内ビジネス部門では、「戦略投資の加速化」、「機動性のある組織の構築」、「変革を支えるための組織力の向上」を3つの柱にビジネスの変革を進めています。「変革を支えるための組織力の向上」においては、これまでにも国内ビジネス部門の持続的な成長を実現するために、そして、一人ひとりの従業員が充実したキャリアを築くことができるよう、終身雇用を柱とする日本型の雇用システムからの脱却を図ってきました。今後こうした取り組みをさらに進めるために、グローバル等級制度の導入、報酬制度、年金制度の諸制度について検討しているほか、タケダを離職せずキャリアの幅を広げることができる機会の検討や、将来の幹部を育成するための早期育成制度の導入に向けた議論も行い、国内の人事制度の次のステージへの移行を進めています。




1.フューチャー・キャリア・プログラム実施の背景

国内ビジネス部門の変革期に際し、新しい能力を積極的に身につけてチャレンジしていきたいという従業員がいる一方で、現在までに獲得してきた能力を生かして活躍できる環境に身を置きたいという従業員がいることも想定しています。当社は、従業員が選択するいずれの価値観も尊重すべきと考えており、この度、自らの生涯設計に基づき早期の退職と転進を希望する従業員を支援するために、本プログラムを実施することを決定しました。

2.フューチャー・キャリア・プログラムの概要

  • 対象者  勤続年数が3年以上(定年後再雇用者含む)の国内ビジネス部門(ジャパン ファーマ ビジネス ユニット、日本オンコロジー事業部)所属社員
  • 対象年齢 30歳以上
  • 募集人数 非公開
  • 募集期間 2020年9月28日~2020年10月16日
  • 退職日  原則として2020年11月30日
  • 内容   ・退職金
         ・特別加算退職金
         ・再就職の支援

 

<武田薬品について>
武田薬品工業株式会社(TSE:4502/NYSE:TAK)は、日本に本社を置き、自らの経営の基本精神に基づき患者さんを中心に考えるというバリュー(価値観)を根幹とする、グローバルな研究開発型のバイオ医薬品のリーディングカンパニーです。武田薬品のミッションは、優れた医薬品の創出を通じて人々の健康と医療の未来に貢献することです。研究開発においては、オンコロジー(がん)、希少疾患、ニューロサイエンス(神経精神疾患)および消化器系疾患の4つの疾患領域に重点的に取り組むとともに、血漿分画製剤およびワクチンにも注力しています。武田薬品は、研究開発能力の強化ならびにパートナーシップを推し進め、強固かつ多様なモダリティ(創薬手法)のパイプラインを構築することにより、革新的な医薬品を開発し、人々の人生を豊かにする新たな治療選択肢をお届けします。武田薬品は、約80カ国で、医療関係者の皆さんとともに、患者さんの生活の質の向上に貢献できるよう活動しています。
詳細については、https://www.takeda.com/jp/をご覧ください。

以上