アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

生きづらさを抱える人々への健康支援

タケダが取り組む理由

Q:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴い社会情勢が激変する今、タケダがこのテーマに取り組む理由について教えて下さい。

タケダはDE&Iをあらゆる活動に組み込み、一人一人が平等で多様性にあふれた環境を作りだすことを目指しています。一方で、2020年からのCOVID-19の拡大によって、非正規労働者の失業、在宅勤務などによるドメスティックバイオレンス(DV)による被害、そして自殺など、居場所を失い、社会的に良好とはいえない環境におかれている人々、特に女性が増加するなど、これまで表面化していなかった社会課題が浮き彫りとなったと感じています。
そこでタケダは多様性、公平性、包括性(DE&I)の観点から、COVID-19の影響を受け、十分な配慮を受けられていない人々へのサポートとして、2020年度にNPO法人BONDプロジェクトやDV被害女性、高齢者介護をサポートする団体への支援を実施しました。

Q社会的に良好とはいえない環境下にいる人々は、これまでも存在したのでは?

はい。新型コロナウイルス感染症が流行する前からそのような人々はいましたが、これまでは社会課題として認識されにくかったと考えています。以前から行政が生きづらさを抱えた人々に対する相談窓口などを設置し支援していますが、課題自体が複雑・多様化、かつ複合的なものとなってきていることから、NPO等の民間組織の支援も必要だと考えています。

Q今後の活動の予定は?

本分野において特に健康にフォーカスした支援が必要と考え、新たなプロジェクトを検討しているところです。支援を通じ、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)が掲げる「誰ひとり取り残さない」社会の実現に寄与したいと考えています。

202112月に詳細を発表する予定です