薬用・有用植物資源の収集・保全

タケダでは、植物の栽培技術を継承するとともに、絶滅危惧種を含む重要な薬用・有用植物資源の収集・保全にも努めています。
京都郊外に94,000㎡という広大を有する、国内最大規模を誇る「京都薬用植物園」では、約2,600種の植物(そのうち約200種が絶滅危惧種)が生息し、これを次世代へと受け継ぐため、実に80年以上にわたってその役割を担い続けています。
また、医療系学生の教育に対する支援や、子どもたちが将来にわたって健やかな生活ができるよう、環境教育の支援活動なども行っています。

絶滅危惧種は、もともと自生していた条件(温度・土壌・日光など)に関する情報を集めて、大切に保全しています。

代表的な漢方薬に配合される植物を、処方ごとにまとめて植栽するなど、漢方処方を身近に感じることもできます。

各地に伝わる古い品種を中心に、約560品種のツバキを植栽するなど、多様性の保護に力を入れています。


関連情報