社会的責任投資指数「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index」に9年連続で選定

2018年9月18日

当社は、このたび、社会的責任投資(SRI)※1の代表的指数の一つである「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index (以下「DJSI Asia Pacific」)」の対象銘柄として、9年連続で選出されました。





「DJSI Asia Pacific」はS&P Dow Jones Indices社(米国)とRobecoSAM社(スイス)が作成する「Dow Jones Sustainability Indexes」のアジア・オセアニアの国や地域を対象とした指数であり、企業の社会的責任に関心を持つ世界中の投資家にとって、投資に際しての重要な選択基準の一つとなっています。当インデックスへの組み入れは、経済・環境・社会の3分野における企業の持続可能性(Sustainability)の観点から評価・選定され、アンケート調査や当社の発行物を含めた公開情報により審査されます。当社は昨年と比較して3分野ともに評価が上昇しました。その中でも特に、経済分野における「製品の品質への取り組み」と「サプライチェーン・マネジメント」が評価されました。本年の「DJSI Asia Pacific」では、同地域における主要企業約612社から上位150社(日本企業75社)が選定されています。

今後も当社は、人々の「いのち」に携わる製薬企業として、優れた医薬品の創出を通じて人々の健康と医療の未来に貢献することを目指し、グローバル製薬企業に相応しい社会的責任を果たしてまいります。

当社は、「DJSI Asia Pacific」のほか、下記の主要な社会的責任投資指数に選出されています。

指数/投資ユニバース※2/格付け

企業・機関名

選定回数

FTSE4Good Developed Index

FTSE Russell

英国

14年連続

Ethibel EXCELLENCE Investment Register

Forum Ethibel

ベルギー

3度目

Prime Status

ISS-Oekom

ドイツ

1年目

Global 100 Most Sustainable Corporations in the World Index

Corporate Knights

カナダ

3年連続

※1 社会的責任投資(SRI: Socially Responsible Investment)
財務分析による投資基準に加え、社会・倫理・環境といった点において社会的責任を果たしているかどうかを投資基準にし、投資行動をとること。

※2投資ユニバース
ある一定の運用目的に沿って選別した投資銘柄の集合体のことを指す。

 

以上


<武田薬品のCSR 活動について>
当社は、患者さん(Patient)を中心に考え、優れた医薬品を創出する「医薬事業」がCSR の根幹であると考えています。その上で、「事業プロセス」 全体の健全性の維持・向上に努め、また、「企業市民」として、社会の持続可能性を高める活動に関わることで、社会との深い信頼関係(Trust)を築いて タケダの評価(Reputation)を高め、さらなる「医薬事業」(Business)の成長へとつなげる、CSR による価値創造・保全モデルを推進しています。詳細については、https://www.takeda.com/jp/corporate-responsibility/ をご覧ください。

<武田薬品の「サステナブルバリューレポート2017」について>
サステナブルバリューレポートは、CSR 活動などの非財務情報を中心とした開示を通じて、タケダの持続的な価値創造に関する取り組みを説明する報告書です。IIRC 国際統合報告フレームワーク、国連GC アドバンストレベル基準およびGRI スタンダードを参照することにより、幅広いステークホルダーを対象とした統合的な報告を試みています。詳細については、https://www.takeda.com/jp/corporate-responsibility/csr-data-book/をご覧ください。