ドイツ オラニエンブルク工場における新たな製造施設の完成について

2017年6月16日

当社は、このたび、高品質の医薬品をより多くの患者さんにタイムリーにお届けするとともに患者さんのニーズに一層お応えすることを目指し、当社のオラニエンブルク工場(所在地:ドイツ ブランデンブルク州オラニエンブルク)内に建設していた新たな製造施設が完成しましたのでお知らせします。本工場の拡張には約1億ユーロ(約120億円)を投資しており、そのうち約2,300万ユーロについてブランデンブルク州およびドイツ政府から50%ずつの支援を受けています。新製造施設は、2017年末からの稼動開始を予定しています。

新製造施設の竣工式には、ドイツのアンゲラ・メルケル首相、八木毅 駐ドイツ大使、Dietmar Woidkeブランデンブルク州知事、当社のクリストフ・ウェバー社長CEOが出席しました。このことは、今回の投資の重要性を示しています。

当社は、グローバルな生産体制の最適化に向けた取り組みの一環として、大阪工場(所在地:大阪市淀川区)における固形製剤の製造をオラニエンブルク工場と光工場(所在地:山口県光市)へ移管することについて、2014年11月27日付のプレスリリース「グローバルな生産体制の最適化に向けた取り組みについて」にて公表しました。今回の新製造施設の完成は、その取り組みに伴うものです。

オラニエンブルク工場は、130年以上の歴史を有しており、固形製剤(錠剤およびカプセル)専用工場として当社のグローバル生産ネットワークにおいて重要な役割を担っています。本工場では、消化器系疾患治療剤(消化性潰瘍治療剤パントプラゾール等)、中枢神経系疾患治療剤(大うつ病治療剤Trintellix等)、循環器系疾患治療剤(心血管疾患予防剤Magnyl等)をはじめ、幅広い種類の医薬品を製造し、世界100ヶ国以上に供給しています。

今般のオラニエンブルク工場の生産能力拡大に伴い、成長著しい新興国市場等における今後の当社医薬品の需要増加に対応することが可能になるとともに、既に約180名の雇用が創出されました。

当社Global Manufacturing & Supply OfficerのThomas Wozniewskiは、「当社は、高品質の医薬品を世界中の患者さんにさらに安定供給していくため、当社の製造技術を進歩させる製造施設に引き続き投資してまいります」と述べています。

 

<新製造施設(主要施設)の概要>

名 称

M3P3

所在地

ドイツ ブランデンブルク州オラニエンブルク 16515

レーニッツ通り70-98

床面積

21,400平方メートル

着工時期

2014年8月

完工時期

2017年6月

 

 

以上