京都大学iPS細胞研究所(CiRA)、武田薬品、横浜市立大学がiPS細胞研究の新たなプロジェクトに関する共同研究契約を締結

2016年11月9日

- T-CiRAの一環としてミニ肝臓技術を基盤とした創薬応用研究のプロジェクトがスタート

京都大学iPS細胞研究所(所在地:京都市左京区、以下「CiRA」(サイラ))、武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)、公立大学法人横浜市立大学(所在地:横浜市金沢区)は、このたび、ヒトiPS細胞由来ミニ肝臓創出手法(ミニ肝臓技術)を基盤とした創薬応用研究について共同研究契約を締結しましたのでお知らせします。

※ 胎内で臓器が形成される初期の過程を模倣して、ヒトiPS細胞から立体的で血管構造を持つミニサイズのヒト臓器を作製する手法

本プロジェクトは、2015年4月にCiRAと武田薬品が発表したTakeda-CiRA Joint Program for iPS Cell Applications(T-CiRA)と称する共同研究プログラムのひとつとして位置づけられ、横浜市立大学大学院医学研究科 臓器再生医学の武部貴則准教授が研究責任者として本研究をリードします。T-CiRAでは8つ目のプロジェクトであり、CiRA以外の研究者を責任研究者とする初めてのプロジェクトになります。

本研究では、横浜市立大学で開発されたヒトiPS細胞由来ミニ肝臓創出手法を活用し、患者さんの体内で生じる複雑な現象を再現するための革新的なシステムを開発します。これにより治療法が確立されていない肝疾患などの難病への新規治療薬探索や、従来の創薬研究で予見できなかった肝毒性の評価など、稀な有害事象の発現解析等に有益な新規創薬体系の創生を目指します。

研究責任者となる、横浜市立大学の武部准教授は、「これまでの基礎的な研究を、治療を待つ患者さんにいち早く役立てるための実践的研究へと飛躍させることを目指します。T-CiRA の素晴らしい仲間とともにスピード感を持って研究に取り組みたいと思います」と述べています。

CiRA所長で、2012年にiPS細胞の発見者としてノーベル賞を受賞した山中伸弥は、「複数の種類の細胞を同時に培養してミニ肝臓を作る技術は大変画期的な技術です。武部准教授にはT-CiRAという場を活かした独創的な研究を期待しています」と述べています。

武田薬品の再生医療ユニットグローバルヘッドであり、山中教授のチーフアドバイザーである出雲正剛は、「武部准教授にはT-CiRAにご参加いただき、大変嬉しく思います。武部先生にリードしていただくミニ肝臓技術の創薬応用研究がいち早く成果となり、実際に革新的治療の創出に寄与することを期待しています」と述べています。

以上


<横浜市立大学について>

横浜市立大学は、国際都市横浜において教育・研究・医療の拠点機能を担う、4キャンパス、2学部・5研究科・附属2研究所・附属2病院を持つ総合大学です。特に、iPS細胞等を使った再生医療を含む医科学研究については、「再生医療実現拠点ネットワークプログラム(AMED)」の研究拠点(代表:谷口英樹教授)として、「先端医科学研究センター」を中心に取り組んでいます。詳細については、 http://www.yokohama-cu.ac.jp/amedrc/index.html をご覧ください。


<京都大学
iPS細胞研究所(CiRA)について>

国立大学法人京都大学に、2010年4月1日に設立されました。世界初のiPS細胞に特化した先駆的な中核研究機関としての役割を果たすことなどを目的としています。現在、山中伸弥教授を所長として、約30の研究グループが基礎研究から前臨床、臨床応用に向けた研究、倫理的課題の研究に取り組み、iPS細胞を用いた再生医療や創薬の実現を目指しています。詳細については、https://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/index.htmlをご覧ください。

 

本件に関連する資料

プレスリリース:

http://www.takeda.co.jp/news/2015/20150417_6963.html

https://www.takeda.co.jp/news/2015/20151215_7249.html

T-CiRAホームページ:

https://www.takeda.com/jp/what-we-do/t-cira/