アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

T-CiRA

再生医療と創薬で、医療の未来を変えていく

CiRA×Takeda =   

ふたつのチカラが合わさって、大きな希望に。

T-CiRAは、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)と、タケダの共同研究プログラムです。T-CiRAではCiRAとタケダの協働により、iPS細胞技術の臨床応用に向けた研究を10年間行い、再生医療や創薬といった革新的な治療方法の開発を目指しています。




gotonews.png


NGLY1欠損症と生きる:グレースのストーリー

武田薬品は、希少疾患に対する革新的治療薬の開発に向けた研究を支援しています。NGLY1欠損症は、理化学研究所と共同でT-CiRA(Takeda-CiRA Joint Program for iPS Cell Applications)プログラムの一つとして進められています。
この極めてまれな疾患をもつ患者さんに貢献すべく、多くの人々が懸命に研究をしています。
こちら、グレースのストーリーをご覧ください。
このビデオは、疾患啓発のみを目的としています。


CONTENTS

About T-CiRA.png

Leaders message.png

What We Do.png

Portfolios_PC.png

Project Members.png

Inside T-CiRA.png

Research Achievements_pc.png

Future of iPSC_PC.png



T-CiRAの研究内容や取り組みについて、お気軽にお問合せください。

武田薬品工業株式会社 湘南ヘルスイノベーションパーク
TEL : 0466-32-2111
FAX : 0466-29-4405
E-mail : T_CiRA@takeda.co.jp

私たちと一緒に新しい医療のカタチを実現しませんか

iPS細胞技術を用いた再生医療・創薬研究を推進する方、細胞製造管理業務を担えるスキルのある新規研究員(京都大学CiRA採用)を募集しています。


takedasite.png


kyotosite.png



button_pdf_J.png


関連サイト紹介

shounan.jpg

湘南ヘルスイノベーションパーク

T-CiRAの実験室は、湘南ヘルスイノベーションパーク内に設置されています