アフリカ・アジア・南米の約40ヵ国で「はしか」の予防接種を実施

10年間で540万人の子どもたちへの「はしか」のワクチン接種を支援します


プログラム概要

unf.jpg

パートナー: 国連財団
予算: 10億円
期間: 10 年間
開始: 2016
対象地域: アフリカ、アジア、南米の約40ヵ国

国連財団ウェブサイト


「はしか」は伝染力の高い疾病の一つであり、ワクチンによって救える可能性があるにもかかわらず、現在も年間11万5,000人(2014年)の世界の子どもたちが亡くなっています。

プログラムの成果

1600x900_2.jpg

Our Stories: 誰もが適切な医療を受けられる未来をめざして
タケダは国連財団のShot @ Lifeキャンペーンとのパートナーシップで、約40か国において安定したワクチン供給を保証し、特に必要な医療を提供することが困難であった農村地域を訪れての保健活動をサポートしています。 地域社会に不可欠な医療サービスを提供するための取り組みをご覧ください。

詳しく見る

 

laos1.jpg

パートナーシップの現場へ:幼い命を予防接種で救う
ラオスにおけるグローバルCSRプログラムの成果をレポート。現地の指導者や支援スタッフとの交流から、ラオスを訪れたタケダの従業員が実感したCSR活動におけるパートナーシップの重要性についてご覧ください。

詳しく見る


btn_apply_j.jpg



関連コンテンツ