経営の基本精神

ミッション

優れた医薬品の創出を通じて人々の健康と医療の未来に貢献することがタケダのミッションです。

ビジョン2025

タケダは、世界中のあらゆる人々のニーズに貢献しています。タケダイズムを通じ、社会やタケダの医薬品を必要とする方々からの信頼を得ています。機動性とイノベーション、さらに高い品質に支えられ、強固なパイプラインのもと成長し続けるベスト・イン・クラスの製薬企業として認められています。

バリュー

 

戦略ロードマップ

ビジョンを実現するためのステップは、タケダの戦略の中に示されています。
タケダは、「バリュー」「世界中の人々・仲間」「研究開発への挑戦」「事業の持続的成長」にフォーカスし、ビジョン2025の実現に取り組みます。取り組みの内容については定期的にレビューを実施し、計画に沿った進捗状況を確認します。

バリュー

タケダイズム(誠実:公正・正直・不屈)と患者さん中心(Patient)、社会との信頼関係構築(Trust)、レピュテーションの向上(Reputation)、事業の発展(Business)は、私たちの働き方に深く根付いています。意思決定をするときや行動を起こすとき、常に高い水準を追求し正しい行動を取るために立ち返るものです。

世界中の人々・仲間

タケダは、患者さんへの確固たるコミットメントを有し、患者さんやタケダの医薬品を必要とする方々を中心に考える組織をつくりあげています。各国・地域の組織が、タケダの医薬品を必要とする方々のニーズに最良な方法でお応えできる体制を整えます。

タケダの成功の要は従業員です。私たちは、従業員がそこで貢献し、成果を上げ、個人として成長することができる、多様で多様性を受け入れる、安心で、開放的、そして協力的な職場環境を育んでいます。

タケダのリーダーは、戦略的にものごとを考え、革新的な方法で患者さんに貢献し、社会との信頼関係を構築し、タケダのレピュテーションを高め、事業を発展させます。こうした人材が協力し、組織が成長するための示唆に富んだ環境を整え、フォーカスを絞っていくつかの優先順位に従って取り組むことで、卓越した成果を実現します。その結果として、現在、そして将来の組織の能力を向上させます。

研究開発への挑戦

タケダは、世界レベルの研究開発イノベーションを推進し、最先端の科学で革新的な医薬品を創出しています。

研究開発型の企業として、私たちはイノベーションの最先端でありたいと考える領域にフォーカスして研究を行っています。4つの重点疾患領域であるオンコロジー(がん)、消化器系疾患、希少疾患、およびニューロサイエンス(神経精神疾患)にフォーカスしたリサーチセンターを有します。  

私たちの生産性の高い研究開発体制は、社内外のイノベーションを統合したアプローチを用いて、持続可能なパイプラインを実現させています。さらに、業界で最良の研究開発パートナーとして評価されるよう、取り組みます。

事業の持続的成長

タケダは6つのビジネスドライバーを通じて、利益率の高い長期的な成長に注力しています。タケダのビジネスドライバーは、4つの重点疾患領域であるオンコロジー(がん)、消化器系疾患、希少疾患、およびニューロサイエンス(神経精神疾患)に血漿分画製剤(PDT)とワクチンを加えた6つです。

財務管理をしっかりと行うことで、タケダの医薬品を可能な限り多くの患者さんにお届けしながら、利益率の高い成長を実現することが可能になります。これらすべてによって、タケダは競争力を高め、患者さんのアンメットメディカルニーズを満たすことが可能になります。


関連コンテンツ