What We Do

iPS細胞とは

皮膚や血液細胞等の体細胞にいくつかの特定の因子を導入することにより樹立される人工多能性幹細胞(induced pluripotent stem cell)です。iPS細胞は様々な細胞に分化できます。


iPS細胞技術を用いた臨床応用

患者さん由来のiPS細胞を標的細胞に分化誘導し、その患者さんの病態を再現させ、創薬研究として低分子化合物の探索を行っています。標的細胞からミニ標的臓器を創出し、病気の原因やメカニズムの解明を目指しています。また、iPS細胞から分化した標的細胞を移植する細胞治療法の開発を行います。このように、T-CiRAでは、iPS細胞技術を用いて創薬研究、細胞治療、病態モデルなどのプラットフォームテクノロジーへの医療応用の実現にむけて先鋭的な研究を進めています。


Clinical.png



button_pdf_J.png