アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

T-CiRA Joint Programの吉田善紀准教授(京都大学iPS細胞研究所)らのプロジェクトは、ヒトiPS細胞由来心筋細胞の成熟を促進する化合物を同定しました。
本研究成果が、2021年6月21日、英国科学誌「Nature Communications」に発表されました。 

2021年6月20日

T-CiRA Joint Programの吉田善紀准教授(京都大学iPS細胞研究所)らのプロジェクトは、ヒトiPS細胞由来心筋細胞の成熟を促進する化合物を同定しました。
本研究成果が、2021年6月21日、英国科学誌「Nature Communications」に発表されました。 
https://www.nature.com/articles/s41467-021-23816-3

京都大学iPS細胞研究所及びT-CiRA Joint Programとの共同プレスリリースが発表されました。
https://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/pressrelease/news/210621-180000.html

論文名
ERRγ enhances cardiac maturation with T-tubule formation in human iPSC-derived cardiomyocytes
https://www.nature.com/articles/s41467-021-23816-3

ジャーナル名
Nature Communications

著者
Kenji Miki1,2*, Kohei Deguchi2,3*, Misato Nakanishi-Koakutsu1,2*, Antonio Lucena-Cacace1, Shigeru Kondo2,3, Yuya Fujiwara1,2, Takeshi Hatani1, Masako Sasaki1,2, Yuki Naka1,2, Chikako Okubo1, Megumi Narita1, Ikue Takei1,2, Stephanie C Napier2,3, Tsukasa Sugo4, Sachiko Imaichi3, Taku Monjo3, Tatsuya Ando3, Norihisa Tamura2,3, Kenichi Imahashi2,3, Tomoyuki Nishimoto2,3**, and Yoshinori Yoshida1,2**
*:筆頭著者、**:責任共著者
著者の所属機関
1.京都大学 iPS細胞研究所(CiRA)
2.タケダ-CiRA 共同研究プログラム(T-CiRA)
3.武田薬品工業株式会社
4.ジェナヘッドバイオ株式会社