アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

T-CiRA Joint Programの先天性筋疾患に対するゲノム編集遺伝子治療法開発プロジェクトの研究成果が、2021年12月8日に英国科学誌「Nature Communications」にオンライン公開されました。

2021年12月16日

T-CiRA Joint Programの先天性筋疾患に対するゲノム編集遺伝子治療法開発プロジェクトの研究成果「筋ジストロフィーのゲノム編集治療を目指したLNP-mRNA輸送システムの開発」が、2021年12月8日に英国科学誌「Nature Communications」にオンライン公開されました。
また、CiRAのプレスリリースにも掲載されました。

Paper Details

  • Journal: Nature Communications
  • Title: Low immunogenicity of LNP allows repeated administrations of CRISPR-Cas9 mRNA into skeletal muscle in mice doi: 10.1038/s41467-021-26714-w
  • Authors: Eriya Kenjo1,2, Hiroyuki Hozumi1,2, Yukimasa Makita1,2, Kumiko A. Iwabuchi2,3, Naoko Fujimoto2,3, Satoru Matsumoto1,2, Maya Kimura1, Yuichiro Amano1, Masataka Ifuku2,3, Youichi Naoe2,3, Naoto Inukai1,2, and Akitsu Hotta2,3
  • Author Affiliations:

1 T-CiRA Discovery, Takeda Pharmaceutical Company Limited, Kanagawa, Japan
2 Takeda-CiRA Joint Program (T-CiRA), Kanagawa, Japan
3 Center for iPS Cell Research and Application (CiRA), Kyoto University, Kyoto, Japan