アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

Intractable Muscular Disease Projectの内村智也研究員がISSCR 2020 Travel & Merit Awardを受賞

2020年6月26日

Intractable Muscular Disease Projectの内村智也研究員(京都大学iPS細胞研究所所属, 櫻井研究室)の発表演題が、国際幹細胞学会(International Society for Stem Cell Research, ISSCR)において、 Travel & Merit Awardを受賞しました。Intractable Muscular Disease Projectでは、患者さん由来のiPS細胞を用いて、難治性筋疾患に対する新規治療薬の創出及び疾患モデルの研究に取り組んでいます。

発表演題:Recapitulating functional phenotypes of DMD using patient-derived iPSCs

ISSCR Virtualは2020年6月23-27日で開催されます。

ISSCR website:https://www.isscr.org/meetings-events/annual-meetings/isscr-2020-virtual

プロジェクトの詳細:https://www.takeda.com/49dfab/siteassets/jp/home/what-we-do/t-cira/research/hidetoshi-sakurai_jver2.pdf