アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

Projects

世界を驚かせるのは、私たち。

アカデミアとタケダの研究者がONE TEAMとなり、­iPS細胞の医療応用に向けた神経疾患、がん、難治性筋疾患、消化器疾患などのプロジェクトが進行しています。­iPS細胞技術を使って、革新的な治療オプションを患者さんに届けるため、私たちは挑戦し続けます。



Cell therapy, organoid and advanced immunology



Immune Cell Therapy Project

再生免疫細胞を利用した新しい免疫療法の開発

金子 新 (PI, CiRA)
林 哲(Co-PI, Takeda)
葛西 義明(Co-PI, Takeda)


Neural Crest Cell Project

ヒトiPS細胞由来神経堤細胞を用いた基礎研究と創薬・再生医療への応用研究

池谷真 (PI, CiRA)
松本寛和(Co-PI, Takeda)


Organoid Medicine Project

ミニ肝臓技術を基盤とした創薬応用研究

武部貴則(PI, TMDU)
仁尾泰徳(Co-PI, Takeda)





Genetically defined muscular diseases and cardiomyopathy


Genome Editing Therapy for Muscular Dystrophy Project

ゲノム編集技術と生体内送達技術を利用した、デュシェンヌ型筋ジストロフィーに対する新規遺伝子治療法の開発研究

堀田秋津 (PI, CiRA)
犬飼直人 (Co-PI, Takeda)


Cardiomyopathy Project

遺伝的な心疾患に対する、iPS細胞基盤技術を用いた創薬研究

吉田善紀(PI, CiRA)
今橋憲一(Co-PI, Takeda)





Neurodegenerative and neurodevelopmental diseases


ALS/ASD Drug Discovery Project

患者さん由来のiPS細胞を使った筋委縮性側索硬化症(ALS)及び自閉症スペクトラム障害(ASD)の創薬研究

井上治久(PI, CiRA)
行武洋(Co-PI, Takeda)


NGLY1 Deficiency Project

iPS細胞を利用した遺伝性の希少疾患に対する治療法の研究

鈴木匡(PI, RIKEN)
行武洋(Co-PI, Takeda)





オリヅルセラピューティクスへ移管したプロジェクト

吉田善紀准教授、豊田太郎講師率いるプロジェクトがそれぞれ研究を進めてきました、iPS細胞由来心筋細胞とiPS細胞由来膵島細胞が、再生医療等製品候補として2021年8月にオリヅルセラピューティクス株式会社(OZTx)に移管されました。

Cardiac Cell Therapy Project

重症心不全に対するiPS由来心筋細胞を用いた再生治療法開発

吉田善紀 (PI, CiRA)

iCM事業へのリンク

Pancreatic Beta Cell Therapy Project

一型糖尿病に対する細胞医療の研究

豊田太郎(PI, CiRA)

iPIC事業へのリンク




 

button_pdf_J.png