アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

Leaders Message

T-CiRAプログラムは、湘南ヘルスイノベーションパークにて、山中伸弥教授のリーダーシップの下で、アカデミアと武田の研究者が協働するユニークな体制をとっています。武田薬品のT-CiRAディスカバリーがT-CiRAプログラムの推進を担っています。


yamanaka.jpg


京都大学iPS細胞研究所 (CiRA) 所長・教授

山中 伸弥

日本を代表する製薬企業のタケダと10年にわたる共同研究契約が締結できましたことは、iPS細胞技術を用いた医療応用を実現する上で大きな力になります。タケダのご協力に心から感謝申し上げます。
この提携を通して、多くの方々に関わる病気のみならず、稀少疾患など、さまざまな疾患の治療法開発に貢献してまいります。


weber.jpg


武田薬品工業株式会社代表取締役 社長CEO

Christophe Weber

このたび、iPS細胞に特化した先駆的な中核研究機関として世界をリードするCiRAと提携できることを嬉しく思います。本提携を通じ、当社は、日本の再興戦略の一翼を担うiPS細胞技術の応用について、CiRAの研究を長期にわたり支援してまいります。タケダとCiRAの共同研究を通じ、新薬や細胞治療など、いち早く患者さんのニーズを満たす革新的な治療が届けられることを願っています。


kajii.jpg


武田薬品工業株式会社T-CiRAディスカバリーヘッド

梶井靖

T-CiRAプログラムは、いまだに有効な治療法が見つかっていない希少疾患や難病の解決へ向けて革新的なアプローチを展開しています。iPS細胞の強みを生かして新たな治療法に結びつけるプロジェクトが、着実に進行しています。大学および企業の研究者が直接手を携え、道なき道をともに歩み課題を克服していく先には必ず、これまでにない画期的な解決法があるはずです。iPS細胞を用いた私たちの取り組みはI型糖尿病や心筋症に加えて、神経科学、消化器、癌、希少疾患といった領域に変革をもたらす進歩を提供しようとしており、低分子医薬品、細胞治療、遺伝子治療といった成果となって現れるでしょう。私たちは、生活を一変させるこのような治療オプションとして研究成果を患者さんのもとまで届ける夢を実現するために、10年間の共同プログラムに取り組んでまいります。



button_pdf_J.png