事業内容 

常に患者さんを中心に考える、グローバルな研究開発型のバイオ医薬品のリーディングカンパニーとして、革新的な医薬品の創出をさらに推進します。

研究開発活動

タケダは、他に類のないダイナミックな研究開発組織となることを目指し、考え、行動し、外部機関と連携していきます。患者さんに真のイノベーションをもたらす治療に向けた最先端のサイエンスにフォーカスすることで、その目標を達成します。

詳しく見る

疾患領域 

タケダは研究開発において、オンコロジー(がん)、消化器系疾患、ニューロサイエンス(神経精神疾患)および希少疾患の4つの疾患領域に注力しています。さらに、血漿分画製剤およびワクチンの研究開発に関する投資を行います。

詳しく見る

主要製品

「患者を自分の子と想い、製薬にたずさわること」-その思いを受け継ぎ、私たちは世界中の患者さんへお薬をお届けします。

詳しく見る

パートナーシップ 

タケダでは、当社のグローバルなネットワーク、科学的な知見、そして優れた臨床経験が今お持ちのビジョンを市場へ投入するために利用することができるとお考えになるパートナーを探しています。優れた医薬品の創出を通じて人々の健康と医療の未来に貢献するのがタケダのミッション。それを実現する手段のひとつがパートナーシップです

詳しく見る

医薬品アクセス

タケダの医薬品アクセス (AtM) 戦略に基づき、当社は既存の取り組みを拡大しながらグローバルヘルス強化への取り組みを進展させていきます。この取り組みは、発展途上の医療環境にある適格患者さんに対し、たとえ本人が治療費用全額を負担することが困難な場合でも、生命を救う可能性のあるタケダの革新的な医薬品にアクセスできるようにするものです。

詳しく見る

T-CiRA

タケダと京都大学iPS細胞研究所 (CiRA) が医療の未来を変える、iPS細胞技術を用いた共同研究プログラムです。

詳しく見る