アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

遺伝性血管性浮腫患者さんにおけるTAKHZYRO®(lanadelumab)の発作抑制の有効性を支持する臨床第4相試験の中間データについて

2022年3月1日

- 臨床第4相EMPOWER試験の中間実臨床データにおいて、発作発現率の低下ならびに治療満足度およびその他の項目における患者さん報告アウトカムのスコアの改善を示す1
- 患者さん報告アウトカムの中間結果において、新規の処方患者さんで1か月あたりの発作発現率の低下、ならびに既存の処方患者さんで血管性浮腫コントロールテスト(AECT)を用いて12か月の血管性浮腫コントロール維持を示す1,2,3
- アンドロゲン治療歴がある患者さんの発作発現率の低下4は、事後解析に基づく臨床第3相HELP試験の非盲検延長 (OLE)試験集団と一致

当社は、このたび、北米における遺伝性血管性浮腫(HAE)I型またはII型の患者さんに対する治療としてTAKHZYRO®(一般名:lanadelumab)の観察臨床第4相EMPOWER試験の中間実臨床データや、12歳以上のHAE患者さんにおけるTAKHZYROの長期安全性および有効性を評価するHELP非盲検延長試験の事後解析からの知見など4件の抄録を、米国アレルギー・喘息・免疫学会(American Academy of Allergy, Asthma, and Immunology: AAAAI)の第78回年次総会で発表しましたのでお知らせします。

今回発表されたデータの詳細については、英文プレスリリースをご覧下さい。

 

以上

 

1 EMPOWER IA2 patient-reported outcomes: Impact of lanadelumab on patient-reported outcomes in hereditary angioedema in the US and Canada: Interim findings from the EMPOWER Study. AAAAI 2022.

2 EMPOWER IA2 effectiveness and safety: Long-term effectiveness and safety of lanadelumab in the US and Canada: Findings from the EMPOWER Study. AAAAI 2022.

3 EMPOWER IA2 treatment patterns and subgroups: Treatment patterns among patients with HAE-C1-INH: Interim analysis findings from US and Canada participants in the EMPOWER study. AAAAI 2022.

4 Switch from androgens to Takhzyro in HELP 03 and HELP 04: Lanadelumab efficacy and safety after switching from androgens: Analysis of the phase 3 HELP and HELP OLE studies for hereditary angioedema. AAAAI 2022.