アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

2021年欧州血友病学会議において、臨床診療における当社の主要な血液疾患ポートフォリオの価値と患者さん中心の治療の進歩へのコミットメントを強調するデータを発表

2021年2月3日

- 7年間のデータにより、アドベイト(血友病A治療薬[遺伝子組換え])の長期有効性および安全性解析をさらに支持
- 複数の抄録において、治療と患者さんアウトカムの進歩に関する実臨床下におけるエビデンスの使用を支持
- 出血性疾患領域での知見の蓄積とイノベーションへの取り組みのコミットメントにより、当社の患者さん支援への熱意と出血のない世界に向けたビジョンを強調

当社は、このたび、バーチャルで開催される2021年欧州血友病学会議(European Association for Haemophilia and Allied Disorders Congress :EAHAD)において、当社の血液疾患ポートフォリオとパイプラインに関する14の抄録を電子ポスターとして発表しますのでお知らせします。臨床診療における当社の血液疾患ポートフォリオの長期有効性および安全性をさらに支持し、実臨床下におけるこれらの治療薬の価値を支持する複数の抄録が含まれています。

詳細については、グローバルサイトから英文プレスリリースをご覧下さい。

以上