2020年国際血栓止血学会議において、出血性疾患の患者さんに対して個別化治療を前進させる当社のコミットメントを強化する薬物動態に基づく定期補充療法に関する試験の最新結果を発表

2020年7月13日

- 当社の血液疾患ポートフォリオおよびパイプラインに関する13のプレゼンテーションは、血友病およびフォン・ヴィレブランド病に対する薬物動態に基づく定期補充療法のベネフィットを示すデータ

当社は、このたび、バーチャルで開催される2020年国際血栓止血学会(ISTH 2020)において、当社の血液疾患ポートフォリオおよびパイプラインに関する13の演題を発表することをお知らせします。その中には、血友病A患者に対するTAK-660(アディノベイト®、一般名:ルリオクトコグ アルファ ペゴル(遺伝子組換え))の個別化定期補充療法のベネフィットの可能性を検討した臨床第3相PROPEL試験および臨床第3b相CONTINUATION試験から得られた最新の科学的知見が含まれており、血友病およびフォン・ヴィレブランド病(VWD)患者さんに対する薬物動態(PK)に基づく定期補充療法を通じて個別化治療を前進させる当社のコミットメントを強化する4つの演題は注目されるものです。遺伝子組換え型フォン・ヴィレブランド因子(rVWF)の個別化用量調整の最適化に有益なデータとなる、遺伝子組換え型フォン・ヴィレブランド因子の薬物動態(PK)/薬力学(PD)プロファイルを検討した2つの試験結果についても発表します。

詳細については、グローバルサイトから英文プレスリリースをご覧下さい。

以上