アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

当社の幅広いオンコロジーポートフォリオと新たなパイプラインに関するバーチャル学会でのデータ発表について

2020年5月15日

- 希少白血病や非小細胞肺がんなどの十分な治療法が存在しないがん患者の治療ニーズを満たす科学的進歩
- 慢性骨髄性白血病の治療において現在の治療を変え得る新たな臨床データ提供の可能性
- 11の当社関連の抄録が2020年米国臨床腫瘍学会(ASCO)総会のプレゼンテーションとして、22の当社関連の抄録が2020年欧州血液学会(EHA)のプレゼンテーションとして受領

当社は、このたび、5月29日から31日に開催の第56回米国臨床腫瘍学会年次総会(ASCO)、および6月11日から14日に開催の第25回欧州血液学会議(EHA)の2つのバーチャル学会において、当社の幅広いオンコロジーパイプラインと確立されたポートフォリオのデータを発表しますのでお知らせします。

詳細については、英文プレスリリースをご覧ください。

以上