ALK陽性転移性非小細胞肺がんに対するファーストライン治療薬としての
ALUNBRIG®(一般名:brigatinib)の適応追加申請の米国FDAによる優先審査指定について

2020年2月25日

- ALUNBRIGがALK陽性転移性非小細胞肺がんにおいて適応拡大の可能性
- 審査終了目標日は2020年6月23日に設定

当社は、このたび、ALUNBRIG(一般名:brigatinib)について、米国食品医薬品局(FDA)が承認した検査により診断された未分化リンパ腫キナーゼ遺伝子転座陽性(ALK陽性)転移性非小細胞肺がん(NSCLC)患者に対するファーストライン治療薬としての適応追加申請をFDAが優先審査に指定しましたのでお知らせします。ALUNBRIGは、未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)の遺伝子変異を標的とし、かつ阻害する次世代のチロシンキナーゼ阻害薬です。

当社Oncology Therapeutic Area UnitのHeadであるChristopher Arendtは、「ALK陽性非小細胞肺がんは、希少かつ重篤な肺がんであり、治療は複雑です。治療に進歩が見られる一方で、世界中で毎年約4万人が本疾患と診断され、アンメットニーズが存在しています。今回のFDAによる適応追加申請の受理は、米国おいてALK陽性転移性非小細胞肺がん患者さんの治療選択肢を広げるための重要な第一歩であり、新たに診断された患者さんにALUNBRIGをお届けするために引き続き世界中の規制当局と協力してまいります」と述べています。

ALUNBRIGの今回のファーストライン治療としての適応追加申請は、ALK阻害薬による前治療を受けていないALK陽性局所進行性あるいは転移性非小細胞肺がん患者を対象にALUNBRIGとクリゾチニブの安全性および有効性を比較評価する臨床第3相ALTA-1L試験の結果に基づいています。ALTA-1L試験では、ALUNBRIGは、クリゾチニブと比較し、盲検化された独立審査委員会(BRIC)の無増悪生存期間(PFS)の評価において有意な改善が示され、主要評価項目を達成しました。

<ALTA-1L試験について>
ALUNBRIGの臨床第3相ALTA-1L(ALK in Lung Cancer Trial of BrigAtinib in 1st Line)試験は、ALK阻害薬による前治療歴のないALK陽性局所進行あるいは転移性非小細胞肺がん患者275例(ALUNBRIG、n=137、クリゾチニブ、n=138)を登録した、現在進行中のグローバル無作為化非盲検比較多施設共同試験です。患者は、ALUNBRIG 180mgを1日1回(7日間の導入期間においては 90mgを1日1回)、もしくはクリゾチニブ250mgを1日2回服用しました。

年齢の中央値はALUNBRIG群で58歳、クリゾチニブ群で60歳でした。ALUNBRIG群ではベースライン時に29%の患者に脳転移が認められたのに対し、クリゾチニブ群では30%でした。ALUNBRIG群では患者の26%が進行または転移に対する化学療法の前治療歴を有していたのに対し、クリゾチニブ群では27%でした。

盲検化された独立審査委員会(BIRC)の無増悪生存期間(PFS)の評価が主要評価項目であり、副次的評価項目は、固形がんの治療効果判定のための新ガイドライン(RECIST)改訂版1.1による客観的奏効率(ORR)、頭蓋内ORR、頭蓋内PFS、全生存期間(OS)、安全性、忍容性などでした。

ALTA-1L試験におけるALUNBRIGの安全性プロファイルは、既存の米国の添付文書の情報と概ね一致していました。

なお、本試験は日本では実施されておりません。

以上