アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

実臨床下でのエビデンスおよび遺伝子治療に注目した試験を通じ、希少出血性疾患治療薬の進歩への当社の長期的な取り組みを第61回米国血液学会年次総会で発表

2019年12月10日

- 血液疾患ポートフォリオを継続的に発展させる中で、実臨床データから得られた重要な知見を応用し、出血性疾患の患者さんの治療に貢献
- 前臨床試験において血友病および他の単一遺伝子疾患に対するアデノ随伴ウイルス遺伝子治療の向上の可能性が示唆

当社は、このたび、第61回米国血液学会年次総会において、血液疾患に関する9つのポスター発表を行いましたのでお知らせします。これらの発表では、当社が、実臨床データを取り入れるとともに革新的なアデノ随伴ウイルス遺伝子治療を開発することにより、希少出血性疾患治療薬の進歩に取り組んでいることが示されています。

詳細については、英文プレスリリースをご覧ください。

以上