11回国際ホジキンリンパ腫シンポジウムにおける「アドセトリス®」の最新データについて

2018年10月26日

−ホジキンリンパ腫治療における「アドセトリス®」(一般名:ブレンツキシマブ ベドチン)の可能性を示唆する6件のデータを発表

当社は、このたび、ドイツ・ケルンで2018年10月27日から29日に開催される第11回国際ホジキンリンパ腫シンポジウム(ISHL:International Symposium on Hodgkin Lymphoma)にて2件のオーラルプレゼンテーションを含む6件の「アドセトリス®」(一般名:ブレンツキシマブ ベドチン)に関するデータ発表を行いますのでお知らせします。

 

【発表演題】(発表日時は現地時間)
●オーラルプレゼンテーション
1.  "進行期"セッション:Frontline Brentuximab Vedotin Plus Chemotherapy Exhibits Superior Modified Progression-Free Survival vs Chemotherapy Alone In Patients With Stage III or IV Hodgkin Lymphoma: Phase 3 ECHELON-1 Study.
  発表日時:2018年10月29日(月) 7:30 – 9:00 a.m.
  ポスターセッションでも発表(抄録番号:0038)

2.  "再発・難治性ホジキンリンパ腫"セッション:Five-Year Progression-Free Survival Outcomes from a Pivotal Phase 3 Study of Consolidative Brentuximab Vedotin after Autologous Stem-Cell Transplantation in Patients with Hodgkin’s Lymphoma at Risk of Relapse or Progression (AETHERA).※
  ※シアトルジェネティックス社と共同
  発表日時:2018年10月29日(月)4:00 – 5:30 p.m.


●ポスターセッション:2018年10月28日(日)~29日(月)
3.  抄録番号0149:Phase 1/2 Study of Brentuximab Vedotin + AVD in Pediatric Patients with Advanced Stage Newly Diagnosed Classical Hodgkin Lymphoma.

4.  抄録番号0159:Serum sCD30 and TARC Do Not Correlate With PET-Based Response Assessment in Patients (Pts) with Stage III or IV Classical Hodgkin Lymphoma (cHL): Phase 3 ECHELON-1 Study of Brentuximab Vedotin Plus Chemotherapy vs Chemotherapy Alone.

5.  抄録番号0136:Brentuximab Vedotin Plus Chemotherapy in High Risk Advanced-Stage Classical Hodgkin Lymphoma (cHL) Patients: Results of Pre-Specified Sub-Group Analyses from the ECHELON-1 Study.

6.  抄録番号0137:Population Pharmacokinetic Modeling and Exposure-Response Assessment of Brentuximab Vedotin Efficacy and Safety in Patients with Advanced Classical Hodgkin Lymphoma from the Phase 3 ECHELON-1 Study.

 

詳細については英文プレスリリースをご覧下さい。