CD30発現末梢性T細胞リンパ腫を対象とした一次(フロントライン)治療に関する 「アドセトリス®」の臨床第3相試験ECHELON-2の良好な結果について

2018年10月2日

− 化学療法と併用したアドセトリス群において主要評価項目を達成、標準療法よりも優れた結果を示し、無増悪生存期間において統計学的に有意な改善
− 全生存期間を含むすべての主要な副次評価項目において、統計学的に有意な改善を示す
− 最初の無作為化臨床第3相試験末梢性T細胞リンパ腫フロントライン治療にて全生存期間の改善を示す
− 本結果は2018年の米国血液学会年次集会において発表予定、当局への申請も計画

武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)とSeattle Genetics, Inc.(本社:米国ワシントン州ボセル、以下「シアトルジェネティクス社」)は、このたび、悪性リンパ腫治療剤「アドセトリス®」(一般名:ブレンツキシマブ ベドチン、以下「アドセトリス」)の臨床第3相試験であるECHELON-2試験において主要評価項目を達成し、対照群であるCHOP療法(シクロホスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、プレドニゾン併用)と比較して統計学的に有意な無増悪生存期間(PFS)の改善が示されましたのでお知らせします。ECHELON-2試験は、未治療のCD30発現末梢性T細胞リンパ腫の患者さんを対象とし、化学療法と併用した場合のアドセトリスの一次(フロントライン)治療としての有用性を検討した無作為化二重盲検多施設共同国際試験です。末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)は成熟型T細胞リンパ腫としても知られています。アドセトリスは、複数のPTCL表面に発現しているCD30抗原を標的とした抗体薬物複合体です。アドセトリスのPTCLに対する一次治療は現在承認されていません。

ECHELON-2においてアドセトリスを含む新規併用レジメン「アドセトリス、シクロホスファミド、ドキソルビシン、プレドニゾン」群、あるいはPTCLに対するフロントライン治療の標準療法として認められているCHOP療法「シクロホスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、プレドニゾン併用」群とに無作為に割付けられました。
本試験では、独立評価機関による評価によって、アドセトリスを含む新規併用レジメン群が対照群であるCHOP療法群と比較して、統計学的に有意な無増悪生存期間の改善(ハザード比:0.71、p=0.0110)を示しました。アドセトリスを含む新規併用レジメン群は、CHOP群(ハザード比:0.66、p=0.0244)と比較して重要な副次評価項目である全生存期間(OS)に良好な結果を得ました。全身性未分化大細胞リンパ腫(sALCL)患者の無増悪生存期間、全生存期間、完全寛解率を含むすべての副次評価項目は、いずれもアドセトリスを含む新規併用レジメン群がCHOP群よりも統計学的に有意な結果を示しました。

本試験においてアドセトリスを含む新規併用レジメン群の安全性はCHOP療法と同等で、化学療法と組み合わせたアドセトリスの確立された安全性プロファイルと同様でした。

本結果は2018年12月1日-4日にカリフォルニア州サンディエゴで開催される米国血液学会年次集会において発表される予定です。

シアトルジェネティクス社のChief Executive OfficerであるClay Siegallは、「PTCLは、米国において毎年約4,000名が診断されるアグレッシブ非ホジキンリンパ腫であり、CD30は末梢性T細胞リンパ腫サブタイプにおいて広範に発現します。未治療のCD30発現PTCLの成人患者さんを対象に実施した臨床第3相試験であるECHELON-2において、アドセトリスを含む新規併用レジメン群が標準治療である化学療法と比較して統計学的に有意な改善を示したことを非常に喜ばしく思います。本試験に関係した医療関係者および本試験に参画していただき末梢性T細胞リンパ腫治療における大きな進歩に貢献いただいた患者さんに感謝申し上げます。私たちは、ECHELON-2で得られたデータを12月に開催される米国血液学会年次集会でご報告できるのを楽しみしています。また、本適応に関する生物学的製剤追加承認を受けるため、FDAへの申請を実施します」と述べています。

当社のOncology Clinical Research and Development Headおよび Vice President であるJesús Gomez-Navarroは、「ECHELON-2で得られた良好な結果は、PTCLの一次治療を大きく改善する重要な一歩となります。PTCLにおける標準治療は数十年変化がなく、患者さんにとってアンメットメディカルニーズが残っている領域です。今回の結果は、管理可能な安全性プロファイルとともに、主要評価項目である無増悪生存期間および全生存期間を含むすべての副次評価項目で顕著な改善がありました。本結果を世界の規制当局と共有できるのを楽しみにしています」と述べています。

当社およびシアトルジェネティクス社は、本試験で得られた結果をそれぞれの権利を有する国・地域において当局へ提出する予定です。

<ECHELON-2 臨床第3相試験について>
本試験は、CD30発現PTCLの一次治療としての、アドセトリスを含む新規併用レジメン「アドセトリス、シクロホスファミド、ドキソルビシン、プレドニゾン」群とCHOP療法「シクロホスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、プレドニゾン」群を比較した無作為化二重盲検プラセボ対照臨床第3相試験です。PTCLは、成熟型T細胞リンパ腫としても知られています。主要評価項目は、独立評価機関の評価による無増悪生存期間であり、病勢の進行、死亡、ならびに残存腫瘍又は病勢の進行のための化学療法の実施として定義されています。主要な副次評価項目は、全身性未分化大細胞リンパ腫患者の無増悪生存期間、全生存期間、完全寛解率、安全性などです。本試験は、北米、欧州、アジアから450名の患者さんが登録され、その約75%が全身性未分化大細胞リンパ腫と診断されました。ECHELON-2は、FDAの特別臨床試験計画評価および、EMAからの科学的助言を受けて実施されています。

以上