「武田グローバル本社」の竣工について

2018年3月20日

−       (仮称)新東京武田ビルが世界70カ国で事業展開する武田薬品の「武田グローバル本社」として竣工

−       世界中から集う従業員の多様性ある働き方を支援し、繋がりを強化し、創造的に働ける環境を実現

−       地域社会との連携を大切にしながら、よりよい医療のためのイノベーションを世界に発信

武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)、ならびに武田薬品不動産株式会社(本社:東京都中央区、以下「武田薬品不動産」)が、三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、以下「三井不動産」)と共同で推進する「日本橋本町二丁目特定街区開発計画」地において建設中の(仮称)新東京武田ビルの建設が完了し、本日、竣工式を執り行いましたのでお知らせします。

同ビルは、武田薬品の現東京本社(東京都中央区日本橋二丁目)の機能を引き継ぎ、世界70カ国以上に展開するタケダグループのグローバル本社となり、世界中から集う武田薬品従業員の多様性ある働き方を支援し、従業員の繋がりを強化し、創造的に働ける環境を実現します。

武田グローバル本社は、高さ約124 m(地下4階、地上24階、搭屋1階)であり、4階以上はオフィススペースとして武田薬品が使用いたします。地下1階から地上2階までは、一般の方々にもご利用いただけるスポーツジム、飲食店、貸会議室が入居します。

武田グローバル本社の所在地は、武田薬品が明治時代から事業拠点を構えていた縁の深い土地です。この地において、武田薬品は、患者さん中心という創業時からの価値観を守り、日本橋の地域社会との連携を大切にしながら、より良い医療のためのイノベーションを世界に発信してまいります。

なお、今回の武田グローバル本社の竣工により、「日本橋本町二丁目特定街区開発計画」は全て完了しました。

以上

武田グローバル本社:外観

建築概要

建物名称

武田グローバル本社

プロジェクトマネジメント

三井不動産株式会社

コンストラクション・マネジメント

日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社

都市計画・設計・監理

株式会社日本設計

施工

株式会社竹中工務店

空間クリエイティブディレクション

佐藤可士和

インテリアデザイン総合監修・インテリアデザイン

SAMURAI

主要用途

オフィス、商業施設、展示スペース、会議室、駐車場

建築主

武田薬品工業株式会社、

武田薬品不動産株式会社

敷地面積

2,741.31㎡

建築面積

2,217.44㎡(建ぺい率 80.89%)

延床面積

45,578.29㎡(容積率 1371.35%)

構 造

中間層免震構造、鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)

規 模

地下4階、地上24階(最高高さ 123.79m)

  

武田グローバル本社竣工式の様子(左:式典の様子、右:武田薬品 クリストフ・ウェバー社長CEO)

武田グローバル本社について
「武田グローバル本社」は、クリエイティブディレクションに、企業や製品のブランド構築において多くの実績を残す佐藤可士和氏を起用。デザインコンセプトの基盤となったのは、人々の「いのち」に深く携わる製薬企業らしさ。「生命力」の源泉をモチーフに据え、ぬくもり豊かな天然素材をふんだんに採り入れました。タケダが継承している、「日本に根ざしたグローバル企業」というコーポレートアイデンティティを、先進的なモダンジャパニーズの洗練に換えて提示します。

武田薬品ならびに武田グローバル本社に関する情報は、下記のURLからもご覧いただけます。
https://www.takeda.com/jp/who-we-are/how-we-work/


「日本橋本町二丁目特定街区開発計画」について
「日本橋本町二丁目特定街区開発計画」は、「残しながら、蘇らせながら、創っていく」をコンセプトに官民地元が一体となって推進している「日本橋再生計画」の一翼を担うプロジェクトです。当該プロジェクト計画地内において、福徳神社と連続した広場空間として「福徳の森」地上部が2016年9月に竣工しておりますが、今回の武田グローバル本社の竣工をもって全体竣工を迎えます。

また、今回の全体竣工に合わせて、「福徳の森」地下1階に、新たに劇場型レストラン&ラウンジ「水戯庵(すいぎあん)https://suigian.jp」が開業いたします。今後も、当該プロジェクトを含めた「日本橋再生計画」において、日本橋の活性化と新たな魅力創造を目的に、官民一体となって進んでまいります。

三井不動産による日本橋再生計画に関する情報は、下記のURLからもご覧いただけます。

http://www.mitsuifudosan.co.jp/machidukuri/nihonbashi/?id=global


 

<報道関係問い合わせ先>
武田薬品工業株式会社 CCPA コーポレート・コミュニケーション 03-3278-2037
三井不動産株式会社 広報部 03-3246-3155 

■本資料の配布・投函先記者クラブについて
国土交通記者会/国土交通省建設専門紙記者会/都庁記者クラブ
重工業研究会(重工記者クラブ)/本町記者会/大阪化学工業記者クラブ/道修町薬業記者クラブ