ロシアを中心とする一般用医薬品の販売権の取得について

2018年1月26日

当社は、ヘルスケア専門会社であるUnipharm Inc.(米国ニューヨーク、以下、「Unipharm社」)と、一定の条件の下、同社の複数の一般用医薬品および食品サプリメントの販売権取得にかかる基本契約を締結しましたのでお知らせします。これらの製品については、当社が高いプレゼンスを有し、革新的な医薬品、プライマリケア製品、一般用医薬品を販売しているロシアを中心に販売し、当社のロシアにおける一般用医薬品のビジネス戦略を強化します。


当社Emerging Markets Business Unit のPresidentであるRicardo Marekは、「本契約により、人々の健康への貢献を目指し、幅広い信頼ある確かな製品を新興国の患者さんにお届けするという当社の取り組みが強化されます」と述べています。


ロシアは、当社の新興国事業における主要国です。当社はロシアにおいて2017年度上期に対前年同期20%以上の実質的な成長を示し、医療用医薬品および一般用医薬品市場において最も成長した企業の一つでした。対象製品は、当社の既存の一般用医薬品事業との高い相乗効果を発揮し、医薬品市場で小売市場が大きな割合を占める同国において、当社のトップ10というポジションをさらに強化します。


武田ファーマシューティカルズ・インターナショナルAGが合意した本契約により、当社はUnipharm社のVitrum(サプリメント)、Artra(鎮痛剤)、Melaxen(睡眠導入剤)など多くの一般用医薬品の販売権を取得するオプション権を獲得します。本件は2017年2月1日公表の2016年度第3四半期の決算説明会資料において、2016年11月にエスクロー口座への408億円の支払いとして開示していたものです。当社は、現在までにマイルストンとして同口座より162億円をUnipharm社へ支払い、主力製品であるVitrumをはじめとするマルチビタミン製品の販売権を取得しています。当社は、2018年度中に残りの契約条件全てを完了させる見込みです。


本件により2017年度におけるコアアーニングスは増加するものの、業績に対する影響は軽微です。契約に関するその他の経済条件の詳細については開示しておりません。

 

以上