TOMMORROW試験の中止について

2018年1月26日

武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)とZinfandel Pharmaceuticals, Inc. (所在地:米国ノースカロライナ州チャペルヒル、以下「ジンファンデル社」)は、このたび、グローバル臨床第3相試験であるTOMMORROW試験の中止を決定しましたのでお知らせします。本決定は、事前に計画されていた中間解析でピオグリタゾン0.8mg徐放製剤投与群におけるアルツハイマー病に起因する軽度認知機能障害の発症遅延に対する有効性が確認できなかったことによるものであり、本剤の安全性や試験実施上の問題によるものではありません。


武田薬品のNeuroscience Therapeutic Area HeadであるEmiliangelo Rattiは、「TOMMORROW試験にご参加いただいた全ての患者さん、医療関係者、臨床開発関係者の皆さんに対し、アルツハイマー病の研究発展のために貢献いただいたことを心より感謝申しあげます。当社およびジンファンデル社は、遺伝情報に基づくバイオマーカーを用いたリスク評価アルゴリズム(Biomarker Risk Assignment Algorithm:BRAA)などの本試験から得られたデータをさらに分析し、アルツハイマー病治療に向けたグローバルでの取り組みに役立つ情報を提供します。当社は引き続き、アルツハイマー病治療薬の創出に努めてまいります」と述べています。


ジンファンデル社のCEOであるAnn Saundersは、「このたびの中間解析は、TOMMORROW試験の中止を決定しなければならないという大変残念な結果でしたが、本試験にご参加、ご協力いただいた患者さん、プロジェクト関係者、医療関係者、地域の関係者、独立委員会の方々ならびに試験担当チームの方々に対し、この4年間のたゆまぬ貢献に心より感謝いたします。本試験は他に類を見ない画期的なものであり、TOMMORROW試験から得られた膨大で質の高いデータは、アルツハイマー病の極めて早期の段階における進行プロセスに重要な知見をもたらし、治療の課題克服に貢献するものと確信しています」と述べています。


TOMMORROW試験は、アルツハイマー病に起因する軽度認知機能障害の発症リスクを予見するため、遺伝情報に基づくバイオマーカーを用いた評価手法を検証するとともに、同手法により発症リスクが高いと診断された認知機能が正常な高齢者を対象として、ピオグリタゾン0.8mg徐放製剤投与によるアルツハイマー病の発症遅延効果を検討した試験です。TOMMORROW試験の結果は、今後、学会等で発表し、得られた情報を科学界に提供していく予定です。


<武田薬品のニューロサイエンス(神経精神疾患)領域への取り組みについて>

神経精神疾患は複雑な症状を示し、重大な苦痛を伴います。武田薬品は、最新の科学技術、外部とのパートナーシップを活かして革新的な治療薬を創出し、治療オプションが不足している神経精神疾患患者さんにお届けします。武田薬品はニューロサイエンス領域の創薬、研究開発において患者さん中心のアプローチを採用しており、治療効果を検証するために明確な対象患者群の選定に加えて、疾患の原因に関する特定の副次症状にも注目し、新たな治療ターゲットの選定を進めています。


<ジンファンデル社について>

ジンファンデル社は、ノースカロライナ州チャペルヒルに本社を置く非上場会社です。薬理遺伝学を活用しアルツハイマー病のリスク予見精度を高めることで、効果的な治療法の開発に取り組んでいます。

 

以上