第18回世界肺癌学会議における「ALUNBRIG™」(一般名:brigatinib)の臨床第2相試験ALTA(ALK in Lung Cancer Trial of AP26113)試験の最新データ発表について

2017年9月28日

当社は、2017年10月15日から18日にかけてパシフィコ横浜で開催される第18回世界肺癌学会議(WCLC: 18thWorld Conference on Lung Cancer)において、オーラルプレゼンテーション1件を含む4件の研究データ発表を行いますのでお知らせします。

  • (オーラルプレゼンテーション)抄録番号8027: Brigatinib in Crizotinib-Refractory ALK+ NSCLC: Updated Efficacy and Safety Results From ALTA, a Randomized Phase 2 Trial

発表日時:2017年10月16日(月)15:45~17:30  (Room 301 & 302)

  • 抄録番号8346: Hypertension With Brigatinib: Experience in ALTA, a Randomized Phase 2 Trial in Crizotinib-Refractory ALK+ NSCLC

発表日時:2017年10月16日(月)9:30~16:00  Exhibit Hall (Hall B + C)

  • 抄録番号8035: Depth of Target Lesion Response to Brigatinib and Its Association With Outcomes in Patients With ALK+ NSCLC in the ALTA Trial

発表日時:2017年10月16日(月)9:30~16:00  Exhibit Hall (Hall B + C)

  • 抄録番号8546: Overall Survival (OS) After Disease Progression on Brigatinib in Patients With Crizotinib-Refractory ALK+ NSCLC in ALTA

発表日時:2017年10月16日(月)9:30~16:00  Exhibit Hall (Hall B + C)

(発表日時は日本時間)

詳細については2017年9月27日付けの英文プレスリリースをご覧ください。

以上