多発性骨髄腫治療薬「ニンラーロ®カプセル 2.3mg・3mg・4mg」パッケージの「2017日本パッケージングコンテスト アクセシブルデザイン包装賞」受賞について

2017年8月31日

当社は、このたび、多発性骨髄腫治療剤「ニンラーロ®カプセル 2.3mg・3mg・4mg」(以下「ニンラーロ」)のパッケージについて、公益社団法人日本包装技術協会より、「2017日本パッケージングコンテスト アクセシブルデザイン包装賞」を受賞しましたのでお知らせいたします。

ニンラーロは、本年3月に再発又は難治性の多発性骨髄腫を効能として厚生労働省より製造販売承認を取得し、同年5月に日本で販売を開始しました。服用方法は28日を1サイクルとし、週に1回の経口投与を3週間繰り返した後1週間休薬します。ニンラーロによる治療を受ける多発性骨髄腫の患者さんは、本剤に加えて、服用スケジュールの異なる複数の薬剤を併用します。当社は、誤薬や飲み忘れを防ぎ、多発性骨髄腫の患者さんに正しく安全に服用していただくことを目的として、薬剤が入ったアルミシートからなる内箱と、アルミシートを保護するためのスリーブで構成されたパッケージを開発しました。今回、本パッケージが識別しやすい適切な工夫・配慮がなされているものとしてアクセシブルデザイン包装賞を受賞しました。

当社は、今後も優れた医薬品の創出に取り組むとともに、包装の工夫や飲みやすい製剤の開発を通じて、服薬アドヒアランスの向上に努め、患者さんの健康と医療に貢献してまいります。

<ニンラーロのパッケージの特徴>
・ 服薬間違いや調剤間違いを防ぐため、1シートに1カプセルずつ包装したパッケージを採用
・ 薬剤の落下を防ぐため、内箱に受け皿を用意
・ 指先のしびれがある患者さんにも配慮し、手のひらでも薬剤を押し出せる設計
・ アルミシートを取り外すことができ、投薬管理や分別廃棄を可能にしたパッケージデザイン
・ 服薬指導に利用できるよう、服薬予定日を書き込める記入欄をスリーブの表面に作成
・ 服用方法をわかりやすく記載し、重要な点を赤字で強調
 

 

 


<日本パッケージングコンテストについて>
日本パッケージングコンテストは、公益社団法人日本包装技術協会が主催し、包装におけるデザインからロジスティクスに至るまで、その年の包装の最高峰と優秀群を決定するもので、毎年開催されています。詳細については、http://www.jpi.or.jp/saiji/jpc2017.htmlをご覧ください。

 

<注意事項>
本文書に記載されている医薬品の情報は、当社の経営情報の開示を目的とするものであり、開発中のものを含むいかなる医薬品の宣伝、広告を目的とするものではありません。

 

以上