武田薬品とTESARO社による新規がん治療薬niraparibの日本における独占的開発・販売に関するライセンス契約の締結について

2017年7月27日

- 武田薬品は、日本における全てのがん、および韓国、台湾、ロシア、オーストラリアにおける
前立腺がんを除く全てのがんに関する独占的開発・販売権を獲得
- TESARO社は、契約一時金1億米ドルを受領するとともに、開発・販売マイルストン、ロイヤリティを受領する権利を有する

武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)とTESARO, Inc.(本社:米国マサチューセッツ州ウォルサム、以下「TESARO社」)は、このたび、TESARO社の有するがん治療薬であるポリADPリボースポリメラーゼ(PARP)阻害薬niraparib(一般名)について、独占的開発・販売に関するライセンス契約を締結しましたのでお知らせします。本契約により、武田薬品は、日本におけるniraparibに関する全てのがんに関して、また、韓国、台湾、ロシア、オーストラリアにおける前立腺がんを除く全てのがんに関して独占的開発・販売権を獲得します。Niraparibは、米国において2017年4月より「ZEJULA™」の製品名で発売され、米国では卵巣がんの患者さんに直近で最も処方されているPARP阻害薬の一つです。

本契約に基づき、TESARO社は武田薬品から契約一時金として1億米ドルを受領するとともに、開発や販売の達成に応じてマイルストンを最大で合計2.4億米ドルを受領する権利と、売上に応じた二桁台のロイヤリティを受領する権利を有します。また、武田薬品は、日本において承認を取得する可能性のあるniraparibの全ての適応に関し、さらに、韓国、台湾、ロシア、オーストラリアにおいて前立腺がんを除き承認を取得する可能性のある全ての適応に関し、独占的な販売権を獲得します。日本および上記4カ国における臨床開発を武田薬品が実施し、その費用も負担します。本契約に関するその他の詳細については開示しておりません。

武田薬品のGlobal Oncology Business UnitのPresidentであるChristophe Bianchiは、「Niraparibは、世界で罹患数が多く特に深刻ながんを対象に開発されています。当社は今後も新たな治療薬を患者さんにお届けするとともに、研究を通じて当社の知見を実用化し、治療薬を創出していく必要があります。がんに関して高い専門性を有するTESARO社との提携を大変嬉しく思います。当社は、このたびの提携を通じ、固形がん領域において強固なポートフォリオを構築し、革新的な治療薬を、必要とするがん患者さんにお届けしてまいります」と述べています。

1日1回投与のniraparibは、BRCA遺伝子変異あるいはバイオマーカーの有無に関わらず、プラチナ製剤感受性の再発卵巣がんの維持療法の際の治療薬として米国で承認された初めてかつ唯一のPARP阻害薬です。TESARO社の開発プログラムには、卵巣がん、乳がん、肺がんに関する臨床開発が含まれています。ヤンセン・バイオテック社が日本を除く国または地域での前立腺がんに関する開発・販売権を有しています。

TESARO社のPresident & COOのMary Lynne Hedleyは、「当社は、がん患者さんに革新的な治療薬をお届けすることに取り組んでおり、このたびの提携を通じ、当社のミッションをグローバルに実現することが引き続き可能になるものと考えています。武田薬品は日本で最大手の製薬企業であり、オンコロジー領域のリーディングカンパニーです。今後niraparibを新しい治療オプションとして、必要とする患者さんに早期にお届けできるよう武田薬品と連携してまいります」と述べています。

Niraparibは現在、日本および韓国、ロシア、台湾、オーストラリアにおいて未承認です。

<TESARO社について>

TESARO社(NASDAQ: TSRO)は、がん治療薬を患者さんにお届けすることに取り組んでいるバイオ医薬品企業です。詳細は、http://www.tesarobio.com/をご覧ください。

 

以上