武田薬品とBiological E社による海外向け低コスト混合ワクチン開発のための提携について

2017年6月26日

- 武田薬品が有する麻しんワクチンおよび無細胞百日せきワクチン生産技術を、ジフテリア・破傷風・無細胞百日せき混合ワクチンおよび麻しん・風しん混合ワクチン等の低コスト混合ワクチン開発のためにインドを拠点とする多国籍企業Biological E社へ移管する2つの契約を締結

武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)とBiological E. Ltd.(本社:インド ハイデラバード、以下「BE社」)は、このたび、公衆衛生上の大きなアンメットニーズが存在するインド、中国および低・中所得国に向けて、BE社により商用化される安価で有用な混合ワクチンの開発・供給を促進するための二つのライセンス契約を締結したことをお知らせします。 

武田薬品は、麻しんワクチンおよび百日せきワクチンを20年以上日本で販売してきました。2015年に2,570万人もの新生児が誕生しているインドのような人口の多い国々では、重要なワクチンを必要としている人々へ十分に提供できていません。多くの国々においてワクチン接種が十分に行われていないことを受けて、この低・中所得国における公衆衛生の課題を克服するために、当社は今回のBE社との提携を結びました。 

当社のVaccine Business UnitのChief Operating OfficerであるRahul Singhviは、「医薬品アクセス(Access to Medicines)は、当社のコアバリューの一つであり、今回の提携は、当社が単独で、または提携先と共に、世界の公衆衛生に大きく貢献するという当社の戦略目標に沿ったものです。当社のワクチンパイプラインに加えて、今回締結された二つの契約は、全世界における感染症の問題に取り組む当社の姿勢を示すものです」と述べています。 

今回の提携により、当社は、設備化のサポート、生産および品質管理に関するトレーニング、プロセス開発における技術補助、非臨床試験デザイン策定、ならびに治験薬製造および商用初回出品などに対する技術サービス提供を含む既存の麻しんワクチンおよび無細胞百日せきワクチンの大量生産技術を日本からBE社へ移管いたします。 

BE社は、当社から移管された大量生産技術の規模を拡大し、混合ワクチンの開発に投資します。またBE社は、当社の麻しんワクチン生産技術を麻しん・風しん混合ワクチンに使用する権利および当社の百日せきワクチン生産技術を百日せきワクチンを含む混合ワクチンに使用する権利を有するとともに、インド、中国および契約で定められた国々において、麻しん・風しん混合ワクチンおよび百日せきワクチンの販売権を有します。 

BE社のManaging DirectorであるMahima Datlaは、「私達のコアミッションは、安価で有用なワクチンを開発および販売することであり、これまで開発途上国におけるジフテリア・破傷風・百日せき混合ワクチンの展開を通じて、このミッションを達成してきました。今回の提携を通じて、当社は更なる市場に進出し、地理的なプレゼンスを拡大します。また、麻しん・風しん混合ワクチンを通じて麻疹撲滅および風疹予防に貢献していきます」と述べています。

 

<当社のワクチンに対する取り組みについて>

ワクチンは、毎年200万人以上の生命を救い、公衆衛生に劇的な変化をもたらしました。当社は、70年にわたり、人々の健康を守るため日本でワクチンを供給してきました。現在、当社のグローバルワクチンビジネスは、デング熱、ジカ熱、ノロウイルスやポリオなど、世界で最も大きな課題となっている感染症に対し、最先端の取り組みを行っています。当社はワクチン開発、製造およびマーケットアクセスに関する豊富な実績と深い知識を有しており、世界で最も緊急性の高い公衆衛生ニーズに対応すべく、パイプラインの充実に努めてまいります。

 

Biological E. Limitedについて

BE社は、1953年に設立された非上場会社です。BE社は、世界中の医療ニーズに応える革新的なワクチンおよび生物学的製剤の開発、製造および販売を行う、世界に重点を置いたバイオ医薬品会社です。BE社の製品開発は、国際的な経験を有するマネジメントチームによって推進され、世界中の最先端のバイオテクノロジーおよび製薬企業、ならびに研究機関と複数の戦略的パートナーシップを結んでいます。

 

以上